生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その1712 この手にかつての栄光を 2話-3(後編)「ネフィリムとダイダロスくんに挟まりたい」

はじめに

うーん頭いて〜・・・

エアコン切り忘れたまま寝ちゃったからかな・・・

 

使い慣れてないからタイマー入れるのつい忘れちゃうのよね。

 

てな訳で絶不調だから

今日も一記事しか書けないんやろなぁ・・・

 

 

 

 

後編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20210509100536j:plain

f:id:seisyuu:20210509100539j:plain

f:id:seisyuu:20210509100542j:plain

f:id:seisyuu:20210509100545j:plain

f:id:seisyuu:20210509100548j:plain

ダイダロスくんは無事と・・・

 

しかし相変わらずの挙動不審というか、

不安になるくらい取り乱してるな・・・

 

これでほんとに師匠・・・?

 

f:id:seisyuu:20210509190924j:plain

f:id:seisyuu:20210509190927j:plain

f:id:seisyuu:20210509191509j:plain

f:id:seisyuu:20210509191551j:plain

f:id:seisyuu:20210509191555j:plain

f:id:seisyuu:20210509191558j:plain

今でも怯えてるってのに

更に怯えるようなことしちゃってるな・・・

 

ガリ姉貴もちょっと

「冗談通じないし言わない系の顔」してるし、

臆病な彼からしたら溜まったもんじゃないだろ・・・

 

f:id:seisyuu:20210509191955j:plain

f:id:seisyuu:20210509191958j:plain

f:id:seisyuu:20210509192001j:plain

f:id:seisyuu:20210509210659j:plain

f:id:seisyuu:20210509192228j:plain

捕まえたというか抱きついたというか・・・

しかしなんて羨ましいんだ・・・

 

ダイダロスくんとも代わりたいし、

正直ネフィリムとも代わりたい・・・

 

むしろこの二人に挟まれれば良いのか・・・?

 

f:id:seisyuu:20210509194149j:plain

f:id:seisyuu:20210509194153j:plain

ああ、そういや馬車とかいたね・・・

でも全速力だったし追いつけるもん?

 

まあイケ好かない人らだったし

個人てにはこれ以上は絡まなくても良いかな・・・

 

ネフィリムとかアガリ姉貴口説いて来そうだし・・・

 

f:id:seisyuu:20210509194401j:plain

f:id:seisyuu:20210509194404j:plain

f:id:seisyuu:20210509194406j:plain

f:id:seisyuu:20210509194409j:plain

f:id:seisyuu:20210509194453j:plain

f:id:seisyuu:20210509194456j:plain

f:id:seisyuu:20210509194500j:plain

まあなんでヴァイガルドに来てるのか

そこが重要なんですよね・・・

 

まだスパイ容疑自体も解かれてない訳だし・・・

 

場合によっては尋問するなり

強制送還するなり必要だろうしね・・・

 

f:id:seisyuu:20210509194557j:plain

f:id:seisyuu:20210509194600j:plain

f:id:seisyuu:20210509194602j:plain

f:id:seisyuu:20210509194605j:plain

まあ確かに工匠って見た目でもなければ

「師匠」って感じでもないんだよなぁ・・・

 

でも見た目と言動が一致しないってメギドは

まあ色々と見て来た訳だし・・・

 

f:id:seisyuu:20210509194645j:plain

f:id:seisyuu:20210509194648j:plain

f:id:seisyuu:20210509194651j:plain

なんか今回のアルフスちょっと怖いな・・・

まあコンセプトアートでもちょっと怖そうだったしね・・・

 

でもまあ情報を取るんだったら

実力行使しそうな強面の役割も必要か。

 

今回本来その役割の

ブネ兄貴もガープくんもおいないからなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20210509194759j:plain

f:id:seisyuu:20210509194802j:plain

f:id:seisyuu:20210509194805j:plain

f:id:seisyuu:20210509194808j:plain

f:id:seisyuu:20210509194812j:plain

区外追放された後、

「偶々ゲートに入り込んだ」感じ・・・?

 

ネビロスの拾った暗号を見た感じだと

目的意識があって潜ったとばかり思ってたけど・・・

 

まあ嘘をついてる可能性もあるか。

 

f:id:seisyuu:20210509194859j:plain

f:id:seisyuu:20210509194902j:plain

f:id:seisyuu:20210509194906j:plain

f:id:seisyuu:20210509194909j:plain

まあ追放されてる訳だからスパイではないんだろうけど、

それでも目的はあるんだろうな・・・

 

てか古風な口調な割には

迷子とか尊厳もなにもない呼ばれ方を肯定するんだ・・・

 

そうなるとますますキャラ性がわかんないな・・・

 

f:id:seisyuu:20210509195001j:plain

f:id:seisyuu:20210509195007j:plain

f:id:seisyuu:20210509195011j:plain

f:id:seisyuu:20210509195014j:plain

f:id:seisyuu:20210509195019j:plain

嘘をついてる可能性もあるし、

そもそもダイダロスと嘯いている可能性もある・・・?

 

メギドは自分の名前を大切にする訳だし、

名前を偽るとか相当だよな・・・

 

ダイダロスくんも意味深な無言だし、

下手するとそれがドンピシャってことも有りうる?

 

f:id:seisyuu:20210509200120j:plain

f:id:seisyuu:20210509200125j:plain

まあスパイでは無かったとしても

恩義を感じなきゃいけない言われもないし・・・

 

なんでアガリ姉貴はそこまで肩入れするんだ・・・

というか本来疑う役割はアガリ姉貴の方じゃない?

 

まあ疑う方向性が違うだけか・・・

 

f:id:seisyuu:20210509200216j:plain

f:id:seisyuu:20210509200219j:plain

f:id:seisyuu:20210509200222j:plain

f:id:seisyuu:20210509200226j:plain

時計を見せようとしたら

折悪くマルマルが来ると・・・

 

てか馬車を追えなかったから戻って来たとか?

流石に往復となるともっと時間が掛かってそうだし・・・

 

f:id:seisyuu:20210509201004j:plain

f:id:seisyuu:20210509201011j:plain

f:id:seisyuu:20210509201018j:plain

f:id:seisyuu:20210509201021j:plain

f:id:seisyuu:20210509201024j:plain

f:id:seisyuu:20210509201027j:plain

ああ、また脱輪してたのね・・・

スペアタイヤ買わないから・・・

 

で、馬車に便乗したらどこ行くんだろ?

車輪の部品を買うためにタタラスに行くとか?

 

良い加減ピンク髪二人と合流したいしね・・・・

 

f:id:seisyuu:20210509201122j:plain

f:id:seisyuu:20210509201126j:plain

f:id:seisyuu:20210509201131j:plain

f:id:seisyuu:20210509201137j:plain

f:id:seisyuu:20210509201140j:plain

f:id:seisyuu:20210509201143j:plain

f:id:seisyuu:20210509201205j:plain

f:id:seisyuu:20210509201209j:plain

ほんとダイダロスくんかわいいな・・・

それに応じてあやすネフィリムもかわいい・・・

 

でもほんと師匠っぽくないというか

偏屈極めてる感じもしないし、

ほんとこの子なんなんだろ・・・

 

追放されてから幼児退行したのかな・・・

 

 

後編-モンモンサイド- withガメツイ

f:id:seisyuu:20210509201550j:plain

f:id:seisyuu:20210509201554j:plain

f:id:seisyuu:20210509201557j:plain 

f:id:seisyuu:20210509201647j:plain

f:id:seisyuu:20210509201651j:plain

感謝するガメツイ・・・

 

ああ、ちゃんとお礼言ってくれるのね。

 

「もっと早かったら急がずに済んだ〜」とか

「急いた分積荷が落ちたから弁償しろ〜」とか

そういう悪態付くもんかと思ってた・・・

 

f:id:seisyuu:20210509201641j:plain

f:id:seisyuu:20210509201654j:plain

f:id:seisyuu:20210509201658j:plain

f:id:seisyuu:20210509201732j:plain

f:id:seisyuu:20210509201736j:plain

まあまさか人が入ってたなんて思わんよね・・・

 

てかこれで奴隷にするとか売り払うとか

そういう最悪のシナリオは回避された訳か・・・

 

f:id:seisyuu:20210509201821j:plain

f:id:seisyuu:20210509201824j:plain

f:id:seisyuu:20210509201827j:plain

f:id:seisyuu:20210509201832j:plain

村の者でも違ってた場合でも

いずれにしろアウトなんですけど・・・

 

まあこれで村の人からの信用を失うこともなかったし、

わざわざ村に戻る必要もなくなったから良かったか・・・

 

f:id:seisyuu:20210509202120j:plain

f:id:seisyuu:20210509202124j:plain

f:id:seisyuu:20210509202127j:plain

f:id:seisyuu:20210509202132j:plain

f:id:seisyuu:20210509202135j:plain

f:id:seisyuu:20210509202138j:plain

f:id:seisyuu:20210509202141j:plain

見た目と口調のギャップか・・・

まあ大きくなりたくてもフォトン量が足りなかったとか?

 

でも今はヴァイガルドだし、

そんな言い訳も通用しないか・・・

 

f:id:seisyuu:20210509202301j:plain

f:id:seisyuu:20210509202310j:plain

f:id:seisyuu:20210509202314j:plain

f:id:seisyuu:20210509202317j:plain

f:id:seisyuu:20210509202322j:plain

そして眠ったことについての疑問も・・・

ますますダイダロスくんがよくわかんなくなってきたな・・・

 

まあ疲れてたってんならそれまでだし、

「寝るのが個」とか言われたらなにも言えないけど・・・

 

最悪追放メギドとかの可能性もある感じ?

 

f:id:seisyuu:20210509202325j:plain

f:id:seisyuu:20210509202328j:plain

f:id:seisyuu:20210509202332j:plain

ああ、順当に乗せてもらえるのね。

 

そしてポータルを閉じることによって

ダイダロスくんが再びアジトに来ることを封じると・・・

 

f:id:seisyuu:20210509202416j:plain

f:id:seisyuu:20210509202420j:plain

f:id:seisyuu:20210509202424j:plain

f:id:seisyuu:20210509202428j:plain

壺を買う・・・

まあダイダロスくんの精神安定のためかな?

 

ネフィリムに抱っこするにしてもちょっと邪魔ではあるし

まだ疑いが晴れた訳でもないからなぁ・・・

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

なんか体調が優れねー・・・

最近天気もあんまりよくないし、

遅れて来た季節の移り目で不調が続きそうですね・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。