生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その1275 知の幻獣と悲しき対話 2話-3(後編) 「耳悪いのかな・・・」

はじめに

なんか白いワンワンが増えたの・・・?

黒犬じゃなくて白犬・・・?

 

てか犬って・・・?

 

なんかよくわかんないけど、

とりあえず自分が仲間にするのは

5年後くらいになりそうですね・・・

 

六章今年中に終われますか・・・?

 

 

 

後編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20200807184622j:plain

f:id:seisyuu:20200807184626j:plain

f:id:seisyuu:20200807184630j:plain

f:id:seisyuu:20200807184642j:plain

部下をバチボコにした一行・・・

 

まあ物の数ではないですよね・・・

 

f:id:seisyuu:20200807184748j:plain

f:id:seisyuu:20200807184752j:plain

f:id:seisyuu:20200807184758j:plain

f:id:seisyuu:20200807184802j:plain

f:id:seisyuu:20200807184806j:plain

f:id:seisyuu:20200807184810j:plain

ゴカイ店長・・・

ポルポルくん耳でも悪いんですかね・・・?

 

理解力はきちんとあるはずなんだけど、

難聴で少し残念な感じになってるというか・・・

 

それも伏線かなんかなのか、

それともそういうキャラってだけ・・・?

 

f:id:seisyuu:20200807184846j:plain

f:id:seisyuu:20200807184850j:plain

f:id:seisyuu:20200807184856j:plain

尋問から交渉へ・・・

 

まあ見張りこそ倒したけど、

倒した情報がムオデルに渡る〜とかだと

結局バレそうで怖いんだよね・・・

 

そうなれば報復の対象が洞窟にいる身内になるし、

更には捕まってるヴィータになるかもしれないし・・

 

f:id:seisyuu:20200807184940j:plain

f:id:seisyuu:20200807184944j:plain

f:id:seisyuu:20200807185020j:plain

f:id:seisyuu:20200807185025j:plain

まあ皆で守ってきたのもを

自分らで勝手に破るのもよくないか・・・

 

でも今の状況もまたよくないんだよね・・・?

 

f:id:seisyuu:20200807185123j:plain

f:id:seisyuu:20200807185128j:plain

f:id:seisyuu:20200807185132j:plain

f:id:seisyuu:20200807185218j:plain

f:id:seisyuu:20200807185223j:plain

f:id:seisyuu:20200807185228j:plain

まあ誘拐の主導がムオデルだったら

根元から断てばそれで解決なんだろうけど・・・

 

でも一方的な関係ではなくて、

ポルポルくんらも誘拐止む無しと考えてるからこそ

ムオデルの言うことを聞いてる気もするんすけどね・・・

 

f:id:seisyuu:20200807185236j:plain

f:id:seisyuu:20200807185321j:plain

f:id:seisyuu:20200807185327j:plain

f:id:seisyuu:20200807185334j:plain

f:id:seisyuu:20200807185359j:plain

f:id:seisyuu:20200807185437j:plain

f:id:seisyuu:20200807185441j:plain

器となりうる同種がいなくて困ってるところに

ムオデルがやってきたか・・・

 

それでヴァイガルドに降って、

ヴィータを誘拐し始めた的な・・・?

 

f:id:seisyuu:20200807185546j:plain

f:id:seisyuu:20200807185550j:plain

f:id:seisyuu:20200807185554j:plain

f:id:seisyuu:20200807185558j:plain

f:id:seisyuu:20200807185602j:plain

f:id:seisyuu:20200807185709j:plain

f:id:seisyuu:20200807185715j:plain

そもそもヴィータを器にできない・・・

でもムオデルはそれが可能と吹き込んだ・・・?

 

単なる賢いヴィータを選別しても

そもそも不可能ってことなんすよね・・・?

 

だったらどうしろってんだろ・・・

ヴィータを幻獣化、オクトパロス化手術する?

 

それか沢山の知恵者の脳を並列に繋いで、

有機スパコンでも作るとか・・・

 

ちょっとワクワクしてきたな・・・

 

f:id:seisyuu:20200807185720j:plain

f:id:seisyuu:20200807185724j:plain

f:id:seisyuu:20200807185728j:plain

f:id:seisyuu:20200807185820j:plain

まあたしかにイカくんが継承すればいいんだけど、

当人はそんなつもりないみたいだし・・・

 

解決策が見えてるのに不可能か・・・

流石に強制もできないだろうしな・・・

 

f:id:seisyuu:20200807185824j:plain

f:id:seisyuu:20200807185844j:plain

f:id:seisyuu:20200807185848j:plain

f:id:seisyuu:20200807185948j:plain

f:id:seisyuu:20200807185952j:plain

まあ意思は変わらずか・・・

 

てか本来オクトパロスは雑食の知識欲なんすね・・・?

 

でもイカくんは違う・・・

それも個性ってやつなのか

それともガラパゴス化的なものなのか・・・

 

親の教育ってのもある?

 

f:id:seisyuu:20200807185956j:plain

f:id:seisyuu:20200807190014j:plain

f:id:seisyuu:20200807190019j:plain

まあムオデルがしてることは分かったけど、

「最たる目的」がまだ見えてないですよね・・・

 

それに対話派の符丁も・・・

なんだろ?対話派復活でもさせよう的な?

 

でもそれだと誰となんのためにどんな対話するんだろ・・・

 

f:id:seisyuu:20200807190124j:plain

f:id:seisyuu:20200807190129j:plain

f:id:seisyuu:20200807190133j:plain

f:id:seisyuu:20200807190139j:plain

f:id:seisyuu:20200807190143j:plain

f:id:seisyuu:20200807190148j:plain

まあとにかく行動あるのみか・・・

 

てかイカくんがいれば解決って、

イカくんそもそも同意してないよね・・・?

 

次期社長候補筆頭の息子がそれを拒否してたら

結局社員から探さなきゃないわけだし・・・

 

f:id:seisyuu:20200807190331j:plain

f:id:seisyuu:20200807190335j:plain

まあそらそーよね・・・

 

強引に引き継がせるとかでもなければ

同じオクトパロスとて無意味だし・・・

 

そもそも引き継ぐってそんな大事・・・?

 

f:id:seisyuu:20200807190340j:plain

f:id:seisyuu:20200807190344j:plain

f:id:seisyuu:20200807190348j:plain

f:id:seisyuu:20200807190354j:plain

f:id:seisyuu:20200807190356j:plain

f:id:seisyuu:20200807190400j:plain

f:id:seisyuu:20200807190406j:plain

オロバス・・・

とりあえず上手く丸め込みましたね・・・

 

しかし知の連続性か・・・

 

存在の連続性となると

アザゼルイベでも見てきたよな・・・

 

受け継ぐって観点でみれば

リャナ姉貴イベから続いてるかも・・・・

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

今日は三記事か・・・

でも昨日は一記事だし・・・

 

とにかく来週までに終わらせないと・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。