生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その1247 生と死と、それぞれの個と 5話-2(後編) 「死か・・・」

はじめに

5話入ってから割と短めが多いんで

結構助かってますね・・・

 

あとさっきパイプタバコようやく来た・・・

 

パイプも老朽化激しかったんで、

とりあえず間に合わせにコーンパイプを購入。

 

マッカーサーが咥えてたのもコーンパイプなんですよね・・・

 

少し甘いコーン菓子みたいな匂いこそするけど、

600円でこのコスパはいいな・・・

 

 

 

後編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20200718105422j:plain

f:id:seisyuu:20200718105426j:plain

f:id:seisyuu:20200718105430j:plain 

f:id:seisyuu:20200718105538j:plain

アザゼル無念・・・

 

まあ彼らにも信念はあるんだろうけど、

自発的というよりも洗脳なんだろうし・・・

 

いや、実は洗脳に見えていただけで、

実は紛れもない意志があったと、

ビフロンスが見抜いた的な・・・?

 

うーんどうなんだろ・・・

 

f:id:seisyuu:20200718105523j:plain

f:id:seisyuu:20200718105542j:plain

f:id:seisyuu:20200718105549j:plain

ああ、ビフロンスもまた

彼らの行動が信念に基づかないと思ってると・・・

 

ヴィータにとっての)「死とはなにか」か・・・

 

ビフロンスの死生観、

ちょっと特殊っぽいけど大丈夫かな・・・

 

f:id:seisyuu:20200718105718j:plain

f:id:seisyuu:20200718105722j:plain

f:id:seisyuu:20200718105727j:plain

死とは生にそもそも内包された存在で、

生の最後の輝きでもある・・・

 

超新星爆発というか、

ろうそくの最後の猛烈な一燃えとうか・・・

 

しかしその輝きは単純に綺麗なものでもなく、

死と生に関わる様々な欲求に溢れている・・・

 

例え純粋なものではなくとも、

ビフロンスはそこに美しさを感じるわけなんですね・・・

 

少しわかるかも・・・

 

そしてその輝きを発することのなかった

アザゼルらに激昂する理由もね・・・

 

f:id:seisyuu:20200718105732j:plain

f:id:seisyuu:20200718105736j:plain

まあ傲慢というか、

価値基準の押し付けではあるよな・・・

 

どんなに死者を想って錦を飾ったとしても、

生前生地的にアレルギーとかだったらなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20200718105853j:plain

f:id:seisyuu:20200718105858j:plain

f:id:seisyuu:20200718105902j:plain

f:id:seisyuu:20200718105906j:plain

満足して死ねぬ感情が死を飾ったか・・・

 

爆発して満足して死ぬとかではなく、

なにか感情を残して死んだ方がいいってこと・・・?

 

難しいところだよな・・・

 

でも後悔するってことは、

「それそのものに関心があった」ってことなんだよね・・・

 

心残りのない死なんてのは、

本来まずあり得ない訳で・・・

 

それを可能にするのは独特の思想、宗教観とか、

物事に対しての理解の欠如だったりするし・・・

 

f:id:seisyuu:20200718105957j:plain

f:id:seisyuu:20200718110013j:plain

f:id:seisyuu:20200718110019j:plain

f:id:seisyuu:20200718110022j:plain

f:id:seisyuu:20200718110027j:plain

まあやっぱあと一人ってことよな・・・

 

いやまあ、ジャンを勘定に入れたらあと二人?

それか「残り一人=ジャン」とかいう

とんでも理論じゃないだろうな・・・

 

f:id:seisyuu:20200718110105j:plain

f:id:seisyuu:20200718110110j:plain

f:id:seisyuu:20200718110115j:plain

f:id:seisyuu:20200718110157j:plain

f:id:seisyuu:20200718110201j:plain

f:id:seisyuu:20200718110206j:plain

まあとりあえず最後の一人が

今回のラスボスであるのは間違いないか・・・

 

ん?でもなんかおかしいよね?

 

メギドラルにアザゼルを残してないみたいだし、

それにアザゼルの人数カウント的にもあと一人。

 

アザゼルがラスボスだとしたら、

アザゼル取り潰しになっちゃうからな・・・

 

逃げれば一行に情報を握られたままになるから

当然戦わざるを得ないとして・・・?

 

じゃあ「どう転んでも負けない」ってなによ・・・?

 

f:id:seisyuu:20200718110322j:plain

f:id:seisyuu:20200718110327j:plain

f:id:seisyuu:20200718110331j:plain

f:id:seisyuu:20200718110337j:plain

f:id:seisyuu:20200718110346j:plain

f:id:seisyuu:20200718110350j:plain

ゲートまで進んで

そして邪魔されるようなら倒せばいいか・・・

 

最後はかなりシンプルになったというか、

まさかここまでアザゼルが死ぬなんてな・・・

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

腹も減ったし、

空腹にパイプだし・・・

 

それに眠くなって来た・・・

 

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。