生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72雑記その528 忌まわしき「蒼の組曲」 5話-1(後編) 「やる気ないやつに右往左往する」

はじめに

今日が最終日・・・

 

なんというかいつも以上に文量が多いんで間に合うかどうか・・・

 

まあとにかく・・・やっていくか・・・

 

眠い。

 

 

後編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20190717194326j:plain

f:id:seisyuu:20190717194329j:plain

幻獣を倒した一行・・・

 

しかしこのアントーン、依然として不利っぽいのに余裕みたいですね・・・

 

それか単に「色々と諦めている」のか・・・

 

f:id:seisyuu:20190717194419j:plain

f:id:seisyuu:20190717194424j:plain

f:id:seisyuu:20190717194428j:plain

f:id:seisyuu:20190717194433j:plain

f:id:seisyuu:20190717194435j:plain

観念する理由か・・・

 

このまま「倒されるつもり」も「懺悔するつもり」も毛頭ないと・・・

 

まだ隠し球でもないか限りはそんな余裕を見せないんだろうけど・・・

 

やっぱ今回のボスになる気もするしなにかあるのか・・・?

 

f:id:seisyuu:20190717194508j:plain

f:id:seisyuu:20190717194512j:plain

f:id:seisyuu:20190717194515j:plain

自身の崇高な芸術のために死んだんだからむしろ喜べってことか・・・

 

やはり天才ゆえに・・・

いや、狂人ゆえに相入れないですね・・・

 

f:id:seisyuu:20190717194603j:plain

f:id:seisyuu:20190717194608j:plain

f:id:seisyuu:20190717194612j:plain

まあ振り切った人間に構っても

無駄に振り回されるだけですからね・・・

 

話はどこまでも平行線か・・・

 

f:id:seisyuu:20190717194615j:plain

f:id:seisyuu:20190717194643j:plain

f:id:seisyuu:20190717194647j:plain

f:id:seisyuu:20190717194735j:plain

f:id:seisyuu:20190717194738j:plain

f:id:seisyuu:20190717194741j:plain

アントーンの昔話を聞くというフェニックス・・・

 

アントーンの過去を知ることで

同じような存在を生み出さずに済むのかな・・・

 

一行でどうにかなる案件だったら良いけど・・・

 

f:id:seisyuu:20190717194815j:plain

f:id:seisyuu:20190717194819j:plain

f:id:seisyuu:20190717194844j:plain

f:id:seisyuu:20190717194848j:plain

死者の国・・・

メギドラルに連れていかれたことがあるか・・・

 

しかしそれと蜂になったり

蒼の組曲で死者の国を再現するに至るプロセスがわかるのかな・・・?

 

 

後編-回想

f:id:seisyuu:20190717194932j:plain

f:id:seisyuu:20190717194937j:plain

f:id:seisyuu:20190717194941j:plain

f:id:seisyuu:20190717194944j:plain

メギドラルで目を覚ますアントーン・・・

 

この時点ではまだヴィータなんですね・・・

 

f:id:seisyuu:20190717195011j:plain

f:id:seisyuu:20190717195015j:plain

ヴィータ時代から尊大な性格であったと・・・

 

そこらへんほんとウマスギーノと似てるな・・・

 

高尚な音楽家ってのはこうも高慢になるものなのか・・・

 

まあレアケースか・・・

 

f:id:seisyuu:20190717195108j:plain

f:id:seisyuu:20190717195112j:plain

f:id:seisyuu:20190717195117j:plain

f:id:seisyuu:20190717195121j:plain

実験材料・・・

つまりここで「蜂に改造される」的なノリなんですね・・・

 

例の研究院・・・なのかな・・・?

 

f:id:seisyuu:20190717195125j:plain

f:id:seisyuu:20190717195201j:plain

f:id:seisyuu:20190717195203j:plain

魂を抜くか・・・

 

そういえば「背中合わせの正義」では

「魂をフォトン化」してそれを幻獣に与えることで

強化幻獣を生み出すとかやってましたね・・・

 

今回は幻獣を強化するのではなく、

ヴィータそのものを幻獣化」するって実験なのか・・・

 

f:id:seisyuu:20190717195206j:plain

f:id:seisyuu:20190717195248j:plain

これが事の顛末なのか・・・

 

アントーンも「無辜の民」ってことなんですね・・・

 

メギドラルに拉致されて〜となると、

モンモン一行で予防することもできないな・・・

 

 

後編-回想終わり

f:id:seisyuu:20190717195253j:plain

f:id:seisyuu:20190717195257j:plain

f:id:seisyuu:20190717195336j:plain

f:id:seisyuu:20190717195340j:plain

f:id:seisyuu:20190717195345j:plain

そこでただ絶望するでもなく、

自身の力をフル活用して脱出したと・・・

 

そうまでしてヴァイガルドに戻りたかったのか・・・

 

戻ってもなにもないだろうに・・・

 

f:id:seisyuu:20190717195444j:plain

f:id:seisyuu:20190717195448j:plain

f:id:seisyuu:20190717195452j:plain

f:id:seisyuu:20190717195456j:plain

f:id:seisyuu:20190717195500j:plain

f:id:seisyuu:20190717195504j:plain

メギドラルへの憧憬は

ヴァイガルドに帰還してから芽生えたと・・・

 

しかし「殺意と敵意」ってのは誰に向けてのことなんだろ・・・

 

メギドラルに対しての敵意となると

メギドラルを再現することとは乖離しているようにも思えるけど・・・

 

それか自身の人生に対しての呪詛なのか・・・

 

まあなんにしても天才の考えってのは

凡愚にはわからないってわけかな?(凡愚並感)

 

f:id:seisyuu:20190717195536j:plain

f:id:seisyuu:20190717195539j:plain

まあ同情の余地こそあれど、

殺戮に関しては擁護できませんからね・・・

 

元々高慢な天才ってのはあるんだろうけど、

「幻獣化」して少し思考形態も変わった可能性もあるのかな・・・?

 

メギドもヴィータ化してその器に「魂が歪められている」部分もあるし、

アントーンも「そういった歪み方」をしてもおかしくはないか・・・

 

f:id:seisyuu:20190717195550j:plain

f:id:seisyuu:20190717195635j:plain

f:id:seisyuu:20190717195639j:plain

f:id:seisyuu:20190717195644j:plain

f:id:seisyuu:20190717195648j:plain

まあモンモン一行は「そのメギドと戦ってる側」だからな・・・

 

アントーンはなんだかんだで同情というか、

そういった人の情を欲してる・・・?

 

f:id:seisyuu:20190717195721j:plain

f:id:seisyuu:20190717195724j:plain

f:id:seisyuu:20190717195729j:plain

なんかアントーンがブネ兄貴の剣に乗ってるみたいでかわいく見える。

 

まあそれはともかくこのまま話しても

再発防止にもならなければ

意味もなく時間の浪費になってしまいますからね・・・

 

蒼の組曲が完全ではないとなると

グシオンらの回復も待つ必要もないわけだし・・・

 

f:id:seisyuu:20190717195808j:plain

f:id:seisyuu:20190717195812j:plain

f:id:seisyuu:20190717195816j:plain

うーん・・・相変わらず余裕っぽいな・・・

 

羽音のみでは蒼の組曲も完全ではなく、

更に生み出される幻獣も大した事がないわけだし・・・

 

やはりまだなにか隠し球の一つでもないと納得ができない・・・

 

一行の誰かの耳の中に入って同士討ちさせるとかかな・・・?

 

f:id:seisyuu:20190717200018j:plain

f:id:seisyuu:20190717200102j:plain

「人の法で裁かれることのないモノ」を

フェニックスが処刑するか・・・

 

まあ完全に黒で反省もないわけだし、

それに虫だからね・・・

 

f:id:seisyuu:20190717200106j:plain

f:id:seisyuu:20190717200109j:plain

f:id:seisyuu:20190717200138j:plain

f:id:seisyuu:20190717200140j:plain

攻撃を躱しまくるアントーン・・・

 

的が小さいから当たらないんだろうけど・・・

 

殺虫剤とかが必要なのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20190717200229j:plain

f:id:seisyuu:20190717200234j:plain

f:id:seisyuu:20190717200238j:plain蜂型幻獣は今までなんども倒してきた・・・

 

しかし難なく躱されてしまうと・・・

 

まあ従来の蜂型がここまで小さいのかはわからないけど、

なにかあるみたいですね・・・

 

f:id:seisyuu:20190717200241j:plain

f:id:seisyuu:20190717200244j:plain

f:id:seisyuu:20190717200331j:plain

f:id:seisyuu:20190717200337j:plain

f:id:seisyuu:20190717200340j:plain

f:id:seisyuu:20190717200345j:plain

アントーンには「攻撃の意思がない」

それゆえに攻撃を当てるのは至難の技であると・・・

 

本来攻撃するリソースを回避にブッパしてるとこんなに厄介なんですね・・・

 

アントーンは逃げてまた誰かに寄生すればいいんだろうし・・・

 

そういった意味では不利なんだな・・・

 

f:id:seisyuu:20190717200457j:plain

f:id:seisyuu:20190717200502j:plain

f:id:seisyuu:20190717200506j:plain

f:id:seisyuu:20190718090708j:plain

f:id:seisyuu:20190717200515j:plain

f:id:seisyuu:20190717200517j:plain

なんか決め台詞っぽいのを言っても依然として躱されるか・・・

 

炎でも雷でも嵐でも避けるとかほんとなんなんだよ・・・

 

「蒸し殺す」とか「燻す」とか、

ちょっと広範囲の攻撃でもない限りは倒せそうもない・・・?

 

スズメバチとか煙で仮死状態にして捕まえるって魔少年ビーティーでやってた。

 

f:id:seisyuu:20190717200520j:plain

戦う気がない相手とかいう新手の敵・・・

 

なんというかアントーンがボスになる気がしないな・・・

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

今から5-2をやってか・・・

 

もうすぐな様で無限に遠いな・・・

 

 

f:id:seisyuu:20190717200548j:plain

てか5-2で再グシオンが仲間になるんですね・・・

 

てっきり5-3とばかり・・・

 

あともうちょっと・・・やっていくか・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。