生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その936 カカオの森の黒い犬 3話-3(前編)「スコルくんをスコれる・・・のかな?」

はじめに

あと四日か・・・

えーとこのペースだと・・・

 

まあ間に合わないですね・・・

 

いつものことではあるけど、

今回特別ヤバイというか・・・

 

まあそれもいつものことか・・・

 

 

f:id:seisyuu:20200209200146j:plain

擬態する幻獣・・・?

 

なに?黒犬くんが変装するとか・・・?

 

でもカカオがどうとか言ってたし、

そんな早く宗旨替えするのかな・・・

 

まあ所詮犬頭だし・・・

 

 

前編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20200209230619j:plain

f:id:seisyuu:20200209230624j:plain

f:id:seisyuu:20200209230628j:plain

f:id:seisyuu:20200209230635j:plain

なんか色々終わったっぽい・・・

 

でもまだ黒犬くんの件は終わってないし、

それにまだ3話だしな・・・

 

慢心した所を刺される・・・

よくあるフラグだし、

将太の寿司では失敗フラグなんだよね・・・

 

てか将太の寿司読んでからずっとこのネタだな・・・

 

決勝の海老勝負まで読みました・・・

 

決勝やたらに長過ぎだし、

なんかテレビチャンピオンと化してない・・・?

 

f:id:seisyuu:20200209230640j:plain

f:id:seisyuu:20200209230645j:plain

f:id:seisyuu:20200209230939j:plain

f:id:seisyuu:20200209231119j:plain

f:id:seisyuu:20200209231122j:plain

f:id:seisyuu:20200209231126j:plain

森の問題ではなく、

依頼主そのものの問題か・・・

 

まあ確かに「退治した」と言っただけで

納得してくれるかだしな・・・

 

「証拠がないなら嘘ついてるかもしれないしな!」

とか

「ほんとに退治しきったって証拠は?」

とか手に変え品を変えしらばっくれるかもしれないし・・・

 

最悪、「そんな約束したか?」

とかもありそう・・・

 

いや、流石に幻獣退治するような武装集団に

そこまでできるほどギンギンではないよね・・・

 

f:id:seisyuu:20200209231243j:plain

f:id:seisyuu:20200209231246j:plain

f:id:seisyuu:20200209231251j:plain

f:id:seisyuu:20200209231255j:plain

f:id:seisyuu:20200209231300j:plain

まあ・・・

結構銭ゲバというか、

小狡い部分がある人ですからね・・・

 

それなら恩を売るとか・・・?

 

ほら、洞窟に隠れたモブちゃんが幻獣に襲われて、

それを一行が救って見返りを得るとか・・・

 

f:id:seisyuu:20200209231406j:plain

f:id:seisyuu:20200209231411j:plainタダでくれるって言っても、

こちらは労働力と時間を使ってますからね・・・

 

まあいくらwin-winでやったとしても、

こちらは単発であちらは継続的な利益・・・

 

しらばっくれてもずっと金になるからな・・・

 

f:id:seisyuu:20200209231415j:plain

f:id:seisyuu:20200209231418j:plain

考えてることが全然違うな・・・

 

まあバティン姉貴もウェパルちゃん

普通に怖いのはわかる・・・

 

でも二人とも気遣いできるいい子達だから・・・

 

しかしスコルくんの価値観だと・・・

このイベ内で成長するの厳しそうだな・・・

 

そもそも絶対的な個であるなら、

成長とかそんなレベルでもないだろうし・・・

 

成長ではなく見方の変え方なのかな・・・

 

ヴァイガルド=カワイイ

メギドラル=可愛くない的な・・・

 

f:id:seisyuu:20200209231541j:plain

f:id:seisyuu:20200209231545j:plain

f:id:seisyuu:20200209231549j:plain

f:id:seisyuu:20200209231554j:plain

幻獣の生首を持ち帰らなくても

カカオをもって帰ればそれが証明になるか・・・

 

最悪しらばっくれられても、

「じゃあカカオ持ってくわ」とか人質にもできるしね・・・

 

f:id:seisyuu:20200209231706j:plain

f:id:seisyuu:20200209231711j:plain

f:id:seisyuu:20200209231717j:plain

f:id:seisyuu:20200209231724j:plain

f:id:seisyuu:20200209231730j:plain

さすが植物にだけ特化してるシャックス・・・

でもほんとに木の場所覚えてるのかな・・・

 

まあ仮に覚えてなくても、

それらしい地形に行けば思い出すとか・・・?

 

f:id:seisyuu:20200209231840j:plain

f:id:seisyuu:20200209231844j:plain

そこまで考えてたのか・・・(驚嘆)

 

まあ一部の地方で独占してたものを

分散することができれば安価に供給できるし、

競争が生まれればそれだけ多様性が生まれるからなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20200209231943j:plain

f:id:seisyuu:20200209231947j:plain

f:id:seisyuu:20200209231951j:plain

まあ・・・シャックスは色々とね・・・

自分も今でも植物関係以外が破綻者と思ってるし・・・

 

絡んでみないとわからないもんだよ・・・

 

f:id:seisyuu:20200209231955j:plain

f:id:seisyuu:20200209231959j:plain

f:id:seisyuu:20200209232034j:plain

f:id:seisyuu:20200209232039j:plain

f:id:seisyuu:20200209232043j:plain

周りは終わりムードなんだけどスコルくん・・・

まだ帰ろうとしてたんですね・・・

 

軍団長は謝れば許してくれる・・・

少し下に見てるというか舐めてるような気もするな・・・

 

てかこれだけ色々やらかしといて、

それだけで済む問題なのかな・・・

 

軍団が人手不足とかならまだ良いんだろうけど、

それでもちょっとな・・・

 

f:id:seisyuu:20200209232426j:plain

無言のバティン姉貴・・・

なんだろ・・・

 

スコルくんを見透かしているってことなのか、

それともモンモンの考えが

そう上手くいかないとか・・・?

 

いや、後者はバティン姉貴の案だしな・・・

 

f:id:seisyuu:20200209232430j:plain

f:id:seisyuu:20200209232435j:plain

f:id:seisyuu:20200209232439j:plain

f:id:seisyuu:20200209232443j:plain

f:id:seisyuu:20200209232447j:plain

まあ流石に忘れてたりとかはしないのか・・・

 

てかカカオ持って行って、

「勝手に持ってくんな!この話はなしだ!」

とかは流石にないよね・・・?

 

まあそのときは脅せばいいか・・・

痛い注射も沢山あることだし・・・

 

f:id:seisyuu:20200209232555j:plain

f:id:seisyuu:20200209232601j:plain

f:id:seisyuu:20200209232607j:plain

スコルくんを止めるバティン姉貴・・・

 

まあスコルくんはあくまで現状監視対象だし、

余計なことされても困るんだろうけど・・・

 

f:id:seisyuu:20200209232904j:plain

f:id:seisyuu:20200209232910j:plain

ああ、そこまで見透かしていたのか・・・

 

でもまあ「メギドラルに戻る」ってことは

つまり「逃げられる」ってことだし、

そうなるとこちらの情報も筒抜けだろうしな・・・

 

スコルくんのアレを見ると、

あっちについたらついたで洗いざらい話すだろうし・・・

 

でもそうなると軍団に縛り付けるしかないのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20200209232915j:plain

f:id:seisyuu:20200209232920j:plain

f:id:seisyuu:20200209232923j:plain

f:id:seisyuu:20200209232927j:plain

f:id:seisyuu:20200209232932j:plain

ああ、そうか・・・

 

黒犬くんがあんまりにもポンコツすぎるから、

密偵としての役割すっかり忘れてたな・・・

 

上官に報告・・・というかクレーム入れてたら

いくらメギドラルに帰還しても無事で済まないかも・・・

 

f:id:seisyuu:20200209233406j:plain

f:id:seisyuu:20200209233409j:plain

f:id:seisyuu:20200209233414j:plain

f:id:seisyuu:20200209233420j:plain

f:id:seisyuu:20200209233424j:plain

f:id:seisyuu:20200209233427j:plain

モンモンと接触して、しかも命乞いして同行とかね・・・

 

まあ「それも作戦遂行のために必要で〜」

とか言えばなんとかならなくもないだろうけど・・・

 

流石にコウモリし過ぎてるから見透かされそう・・・

 

f:id:seisyuu:20200209233602j:plain

f:id:seisyuu:20200209233607j:plain

f:id:seisyuu:20200209233611j:plain

まあ・・・スコルくんには酷だけど・・・

こればっかりは仕方ないよなぁ・・・

 

一番は軍団に匿われるとかなんだろうけど、

それすらもしたくなさそうだし・・・

 

優柔不断がゆえのクズというか、

グズというか・・・

 

f:id:seisyuu:20200209233614j:plain

f:id:seisyuu:20200209233618j:plain

f:id:seisyuu:20200209233623j:plain

f:id:seisyuu:20200209233628j:plain

f:id:seisyuu:20200209233735j:plain

f:id:seisyuu:20200209233743j:plain

ブエルがカカオに擬態した幻獣に・・・?

サブタイの擬態ってそういうやつだったのね・・・

 

てっきり黒犬くんが変装したのかと・・・

 

てか捕まってたら「召喚」したらよくない・・・?

 

がっちり掴まれてるとダメとか、

そんなんあるのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20200209233748j:plain

f:id:seisyuu:20200209233752j:plain

f:id:seisyuu:20200209234305j:plain

ブエルを助けるために変身するスコルくん・・・

ほんと意外な行動ですね・・・

 

心の底まで腐ってるわけではないか・・・

 

力がない故に卑屈になり過ぎてるのか、

価値観がそもそも違うから、

齟齬が出まくってるのか・・・

 

「カワイイ」と「戦う」を

上手くすり合わせることができれば

ワンチャンあるのかな・・・

 

 

ボス戦

f:id:seisyuu:20200209234311p:plain

カカオ・・・?

 

なんかものすごく奇怪な姿をしてますね・・・

 

f:id:seisyuu:20200209234317j:plain

テオブロプセマ・・・

 

テオブロミンとプセマ(嘘)的な・・・?

 

f:id:seisyuu:20200209234323j:plain

まあ毒特効の毒撒きって感じですかね?

エクストラで相当いやらしい動きしてきそう・・・

 

まあ正直エクストラできるかすら分からないけど・・・

 

てか今回ショップないの!?

 

今更気づいたんですけど・・・

 

まあいっつも終盤になってからでしか

まともに買えないからなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20200209234327p:plain

 トドメはブネ兄貴!

 

植物特効ME・・・今回使えそうですね・・・

 

てかいつもは半裸の変態スタイルなんだけど、

やっぱ鎧つけるとイメージ変わるなぁ・・・

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

スコルくん・・・

変わる兆しが見えてきたけどどうなるんだろ・・・

 

人のために手伝うってことは

自発的に他者のためってことだろうし・・・

 

うーん楽しみだけどあと四日か・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。