生執の思考球体-メギド72集中執筆中!

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その826 美味礼賛ノ魔宴・後編 1話-2(前編)「バフォ姉貴星6!!!!!」

はじめに

ドグラマグラ再挑戦中・・・

 

なんとか前回挫折した

外道祭文まで読み進めました・・・

 

要は胎児の時点で、

「遺伝子に刻まれた太古の記憶」を

パノラマのように体験しながら

生まれてくる的な感じなんすね?

 

ドグラマグラがベースとなってたら、

ラウムは・・・

古い記憶と現実が混濁したって感じかな?

 

どちらもまだ途中だから

正直わかんないな・・・

 

ドグラマグラの漫画版もあって

少し読んだけど・・・

あれは色々と無理でした・・・

 

序盤の描写無駄に長いからって、

冒頭から原作端折るのはないでしょ・・・

 

 

ついにこの時は来た。

f:id:seisyuu:20191213105020p:plain

ああああああああ

 

揃った亜ああああああ!!!!

 

f:id:seisyuu:20191213105026p:plain

バフォ姉貴が星6!!!!!!

 

真メギド星6第一号ですね・・・

それがバフォ姉貴とは・・・

これは運命を通り越してますね・・・

 

美しい・・・

ただただ美しい・・・

 

なんで泣いてるんだろ・・・

 

f:id:seisyuu:20191213165655p:plain

星6衣装性的過ぎますよ!?

 

こんなんムルムルより踊り子じゃん・・・

 

もう語彙が消失してしまうほどいい・・・

こんなんが村長だったら

毎日ガンバちゃうよ・・・

 

f:id:seisyuu:20191213105015p:plain

えーところで、

「なんで28話止まりの癖に

バフォ姉貴進化できてんだ!」

「裏で進めてたんじゃないのか!?」

「バフォ姉貴最高!尊い!」

などの色々なご意見があるでしょうが、

たしかに闇鍋の素材、

35話にならないと泥しないんですよね・・・

 

f:id:seisyuu:20191213165702p:plain

お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、

メギドの塔でとれたんですね・・・

 

もしかしてメイン進めなくても

これから真メギド星6にできる・・・?

 

いや、流石にボス泥とか、

青真珠みたいにそもそも

塔でとれないアイテムもあるか・・・

 

f:id:seisyuu:20191213165707p:plain

ティアマトが星5に!!!!!

 

彼女も闇鍋待ちだったんで進化できました・・・

 

バーサークパ・・・

かなりスペック高いんだけど

みんな素材要求えぐいから

そこまで育ってないんだよね・・・

 

まあティアマトは非バーサークの

覚醒バフが普通に強いんで、

これからお呼ばれも多いのかな?

 

ラウムと組み合わせると爆速できそう・・・

 

バニーフォラス・・・

指名チケでバニーもありか・・・

 

 

f:id:seisyuu:20191212204618j:plain

てなわけで本編!

 

敵の違和感か・・・

てか今回の敵ってマグラじゃないの・・・?

 

しかしまだ食材としてしか

でていないか・・・

 

前編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20191213165719j:plain

f:id:seisyuu:20191213165724j:plain

f:id:seisyuu:20191213165729j:plain

f:id:seisyuu:20191213165800j:plain

領内に蔓延る幻獣・・・

 

見回りがないと

大変なことになってましたね・・・

 

でも「見回りで初めて気付く」ってことは、

まだ被害自体はでてないんだよね?

 

もしかしてそれが例の違和感・・・?

 

f:id:seisyuu:20191213165804j:plain

f:id:seisyuu:20191213170236j:plain

f:id:seisyuu:20191213170239j:plain

f:id:seisyuu:20191213170245j:plain

f:id:seisyuu:20191213170249j:plain

まあ報告がないってことは

被害もないってことなんだよね・・・?

 

これからなにかしでかす可能性もあるけど、

なにか特別な目的意識でもあるのかな・・・

 

それかフォトンスポット?

 

f:id:seisyuu:20191213170357j:plain

f:id:seisyuu:20191213170402j:plain

f:id:seisyuu:20191213170405j:plain

街との距離も近いのおかしいか・・・

 

まあフォトン自体潤沢であれば、

わざわざ街にくることもないだろうし・・・

 

クマだって食料があれば

不用意に山から降りてこないわけだしね・・・

 

f:id:seisyuu:20191213170501j:plain

f:id:seisyuu:20191213170505j:plain

f:id:seisyuu:20191213170509j:plain

幻獣は大分多いか・・・

 

まあ能力が復活した今、

オリアスも力を普通に使えるだろうし

特に不利にもならないか・・・

 

f:id:seisyuu:20191213170514j:plain

f:id:seisyuu:20191213170625j:plain

f:id:seisyuu:20191213170630j:plain

f:id:seisyuu:20191213170634j:plain

そういや再召喚してすぐなんだっけ・・・

 

また能力なくなったら・・・

もう使い魔と融合した方がいいんじゃない・・・?

 

f:id:seisyuu:20191213170639j:plain

f:id:seisyuu:20191213170643j:plain

f:id:seisyuu:20191213170720j:plain

私の立場か・・・

 

そのキャラ作ったのは自分自身だし、

普通に自業自得だよなぁ・・・

 

でも素が出たらクズ勢の仲間入りだし・・・

使い魔の代わりにアミーに駄々こねそう・・・

 

f:id:seisyuu:20191213170728j:plain

まあデフォルメされた変な猫だよね・・・

チョコ味の雪見だいふくみたいな・・・

 

毛が生えてるのか、

それともツルツルしてるのか・・・

 

ビーズクッションなみにグニャってしてそう・・・

 

f:id:seisyuu:20191213170856j:plain

f:id:seisyuu:20191213170901j:plain

f:id:seisyuu:20191213170905j:plain

f:id:seisyuu:20191213170911j:plain

f:id:seisyuu:20191213170917j:plain

f:id:seisyuu:20191213170921j:plain

幻獣にやる気を感じなかったか・・・

戦う気がないってことなのかな・・・

 

本能を抜かれてるとかなの・・・?

 

てかオヤジじゃなくてハックさん

呼びなのね・・・

 

f:id:seisyuu:20191213170927j:plain

f:id:seisyuu:20191213170930j:plain

f:id:seisyuu:20191213171022j:plain

まあヴィータフォトン袋とか

言われてましたからね・・・

 

襲いかからない理由・・・

腹がいっぱいだったとか?

 

それか意図して襲わないように

目的付けられているのか・・・

 

f:id:seisyuu:20191213171030j:plain

f:id:seisyuu:20191213171033j:plain

f:id:seisyuu:20191213171037j:plain

f:id:seisyuu:20191213171147j:plain

f:id:seisyuu:20191213171152j:plain

腰が引けてるか・・・

下手すると怯えているとかかな・・・

 

しかしハックがきちんと

師匠してて安心するなぁ・・・

 

相手を深く観察する・・・

承太郎と康一くんみたいだぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20191213171156j:plain

f:id:seisyuu:20191213171200j:plain

そして戦闘フェイズと・・・

 

今回あんまりテキスト圧を感じないけど、

結構あっさりしたシナリオなのかな・・・

 

まあラウムが主役っぽいし、

出てくるまで軽いって感じか・・・

 

終わりに

バフォ姉貴星6・・・

すごく嬉しいですね・・・

 

点穴のダメもレベル依存らしいし、

8魔星でもアスモ姉貴もワンパンじゃん・・・

 

ますます活躍できそう・・・

ほんと嬉しい・・・

ほんと尊い・・・

 

 今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。