生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72ブログ その624 死を招く邪本ギギギガス 2話-1(後編)「そのうち電子書籍とかでてきそう」

はじめに

明日にも初星6進化いけそうですね・・・

 

一体誰が初星6になるのでしょうか?

それは明日までのお楽しみということで・・・

 

進化いけそうってだけで確定じゃないからね・・・

 

 

 

後編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20190903200128j:plain

f:id:seisyuu:20190903200135j:plain

戦闘を終えた一行・・・

 

空白地帯だからといって

幻獣がいるわけではないか・・・

 

一体どんな場所なんだよ・・・

 

f:id:seisyuu:20190903200516j:plain

f:id:seisyuu:20190903200521j:plain

f:id:seisyuu:20190903200526j:plain

f:id:seisyuu:20190903200531j:plain

幻獣が出ても平然としてる

ポンコツを訝しむ一行・・・

 

やめろ・・・

ポンコツにその質問は効く・・・!

 

f:id:seisyuu:20190903200608j:plain

f:id:seisyuu:20190903200612j:plain

f:id:seisyuu:20190903200623j:plain

案の定憔悴するポンコツ・・・

 

この人ほんともう・・・

 

てか調査目的で

ヴァイガルドに来てた末端臭いメギドが、

モンモンを知っているとなると、

メギドラルでは相当モンモンのことは周知されてるんですね・・・

 

そうなると最近ヴァイガルドに調査に来たか、

もしくは

定期的にメギドラルに帰還してるとかなの・・・?

 

f:id:seisyuu:20190903200731j:plain

f:id:seisyuu:20190903200745j:plain

f:id:seisyuu:20190903200750j:plain

f:id:seisyuu:20190903200754j:plain

f:id:seisyuu:20190903200758j:plain

それらしいことは言ってるけど・・・

口から出まかせなんだろうな・・・

 

なんだかんだで表情に出さないで嘘をつけるとか、

結構やり手なんすねぇ〜

 

f:id:seisyuu:20190903200805j:plain

f:id:seisyuu:20190903200849j:plain

f:id:seisyuu:20190903200855j:plain

f:id:seisyuu:20190903200904j:plain

f:id:seisyuu:20190903200907j:plain

脳内がうるさい人ですねしかし・・・

 

とっさについた余計な嘘で塗り固めたら、

後で矛盾が出て問い詰められる可能性もあるからなぁ・・・

 

嘘はなにを言うかではなく

なにを言わないかが重要なのです。

 

f:id:seisyuu:20190903200942j:plain

f:id:seisyuu:20190903200947j:plain

f:id:seisyuu:20190903200953j:plain

f:id:seisyuu:20190903201042j:plain

f:id:seisyuu:20190903201048j:plain

f:id:seisyuu:20190903201137j:plain

嘘に気づかれず、

しかも逆に全幅の信頼まで勝ち得てる・・・

 

まあ流石にメギドだって気づかないだろうし、

しょうがないといえばしょうがないか・・・

 

f:id:seisyuu:20190903201217j:plain

f:id:seisyuu:20190903201223j:plain

ブックハンターの名前のおかげで事なきを得てると・・・

 

「お医者様の言う事だから間違いない」的な感じですね・・・

 

ブックハンターって結局なんなんだよ(哲学)

 

 

後編-回想

f:id:seisyuu:20190903201341j:plain

f:id:seisyuu:20190903201346j:plain

f:id:seisyuu:20190903201353j:plain

例の食事会シーンですかね?

 

近年とそれ以前では種類が違う・・・

 

出版される本のジャンルの話なのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20190903201455j:plain

f:id:seisyuu:20190903201500j:plain

f:id:seisyuu:20190903201504j:plain

キミたちが想像している=従来のスタイルってことか。

 

原版、要はスタンプ的なものを

紙に擦りつけて印刷してたんですね。

 

原版をつくるためには、

もちろん一枚一枚手で彫らないといけないわけで・・・

 

f:id:seisyuu:20190903201508j:plain

f:id:seisyuu:20190903201516j:plain

f:id:seisyuu:20190903202007j:plain

蒸気式の印刷機・・・?

 

なんかすげー進歩しましたね・・・

 

排気きちんとしないと湿気で紙がやられそうだし、

さらに大掛かりとなったらそりゃ場所も選ぶか・・・

 

しかしこれで本の価格を安価にできて、

かつ競合が少なく独占的に専売できるわけか・・・

 

しかも本に目をつけた商売人も少ないだろうしなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20190903202012j:plain

f:id:seisyuu:20190903202016j:plain

f:id:seisyuu:20190903202028j:plain

f:id:seisyuu:20190903202036j:plain

f:id:seisyuu:20190903202040j:plain

まあ大量生産なら摩耗する木版ではなく、

鉄版か鉛になるだろうけど、

相変わらず作るのには職人は必要か・・・

 

しかしベリトくんは

「本を読む価値」

「大衆に文化を根付かせる価値」ではなく、

「商品的な価値」に目がいってる感あるな・・・

 

f:id:seisyuu:20190903202137j:plain

f:id:seisyuu:20190903202141j:plain

f:id:seisyuu:20190903202148j:plain

f:id:seisyuu:20190903202155j:plain

歴史的にも印刷技術革新は、

「聖書を誰でも持つことができる」

という革命が起こったんだよね。

 

手軽に誰もが物語を持つことができる・・・

 

それにより大きな歴史の転換が起こるのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20190903202200j:plain

f:id:seisyuu:20190903202206j:plain

f:id:seisyuu:20190903202301j:plain

もちろんベリトくんの言うように、

「物理的な、資産的な価値」こそ下がるだろうけど、

 

「資産的な価値」と「文化的な価値」を分離できるって

結構大きいんですよね・・・

 

資産的な価値を保持したいのであれば、

既存通り写本や原版刷りをすればいいわけだし。

 

f:id:seisyuu:20190903202306j:plain

f:id:seisyuu:20190903202310j:plain

f:id:seisyuu:20190903202321j:plain

あれか・・ベリトくんは極端なこと言って

「相手の意見の芯の部分」を引き出す話術なのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20190903202402j:plain

f:id:seisyuu:20190903202410j:plain

f:id:seisyuu:20190903202415j:plain

f:id:seisyuu:20190903202420j:plain

ムフンッ!ってなんだ・・・

 

矛盾しているというか、

話の根幹を整理しないで

うわべだけで解釈するからそう見えるだけなような・・・

 

f:id:seisyuu:20190903202445j:plain

f:id:seisyuu:20190903202450j:plain

まあ仲が悪かったら絶交してるはずだし、

積もる話があると食事会にすら呼ばないで、

利用するだけ利用してポイ捨てするだろうしね・・・

 

f:id:seisyuu:20190903202601j:plain

f:id:seisyuu:20190903202611j:plain

f:id:seisyuu:20190903202618j:plain

f:id:seisyuu:20190903202629j:plain

ああ、ここで例のポンコツの話になるのか・・・

 

冒険を本にするか・・・

 

バルバトスもモンモンらの英雄譚を歌にしてるのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20190903202633j:plain

f:id:seisyuu:20190903202638j:plain

f:id:seisyuu:20190903202648j:plain

f:id:seisyuu:20190903202652j:plain

f:id:seisyuu:20190903202719j:plain

なかなか本を書かないか・・・

かなり遅筆なのかな・・・

 

まあ単にメギドラルの仕事やってるだけなんだろうけど。

 

でも口から出まかせをスラスラ言える程度には

創作慣れしてそうではある。

 

f:id:seisyuu:20190903202725j:plain

ま〜た厨二心を刺激されたのか・・・

 

秘めたる憧れ・・・

再召喚でそっちの側面がクローズアップされたら

一体どうなるんだろ・・・

 

f:id:seisyuu:20190903202845j:plain

f:id:seisyuu:20190903202851j:plain

f:id:seisyuu:20190903202855j:plain

f:id:seisyuu:20190903202905j:plain

エリゴス姉貴・・・

やっぱモラクスくん族だよね・・・

 

まあ本型の幻獣とかもいるし・・・

 

f:id:seisyuu:20190903202910j:plain

f:id:seisyuu:20190903202915j:plain

f:id:seisyuu:20190903202924j:plain

f:id:seisyuu:20190903202929j:plain

f:id:seisyuu:20190903203026j:plain

大量生産こそできるけど、

機械が少なくてボトルネックになってるわけか・・・

 

メアリーチェリーの原版さえあればなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20190903203030j:plain

f:id:seisyuu:20190903203034j:plain

f:id:seisyuu:20190903203038j:plain

f:id:seisyuu:20190903203127j:plain

f:id:seisyuu:20190903203135j:plain

まあなんにしても「それらしい場所」に行って

地道に探すしかないんですね・・・

 

f:id:seisyuu:20190903203140j:plain

f:id:seisyuu:20190903203146j:plain

f:id:seisyuu:20190903203150j:plain

幻獣のせいでもラウムのせいでもなく、

単になかっただけじゃない?野暮?

 

f:id:seisyuu:20190903203334j:plain

f:id:seisyuu:20190903203338j:plain

f:id:seisyuu:20190903203344j:plain

f:id:seisyuu:20190903203347j:plain

f:id:seisyuu:20190903203353j:plain

f:id:seisyuu:20190903203403j:plain

f:id:seisyuu:20190903203411j:plain

f:id:seisyuu:20190903203416j:plain

f:id:seisyuu:20190903203421j:plain

膨大なリソースを割いても

探せないようなものを探し出すのがブックハンター・・・

 

 

やっぱりせどりじゃないか(憤怒)

 

f:id:seisyuu:20190903203425j:plain

f:id:seisyuu:20190903203430j:plain

f:id:seisyuu:20190903203446j:plain

ああ、ここまで持ち上げられてたから、

ポンコツのとっさの方便も受け入れられたと・・・

 

信頼マックスのチートコードですね・・・

 

しかし、印刷かぁ・・・

邪本にも原版の類があるだろうし、

下手すりゃ複製、

もしくは写本される可能性もあるんだよね・・・

 

 

それに現代の印刷技術に合わせた版ができたら・・・

 

パンデミックにならない・・・?

 

コメント返信コーナー

f:id:seisyuu:20190904183442p:plain

BGMか・・・

そういやまた歌があるとかちらっと聞いたな・・・

 

まあベリトくんと愉快な仲間達が本の良さについて歌って、

シトリー姉貴が全部持ってくんでしょ(適当)

 

親友・・・また誰かでてくるのかな・・・

アキナイ?ジル?

 

まあそれは読んでみてのお楽しみだね!

 

希望厨さん、

コメントありがとうございます!

 

終わりに

今回は以上となります。

 

印刷技術か・・・

そういや最近Kindleでばっか本買ってたな・・・

 

石版彫りから写本になり、

木版から活版印刷になる・・・

電子書籍も最初は大バッシングものだったっけか・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。