生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

クリプトスペルズ(クリスペ)7/9採掘アップデート4枚!戦略の幅が広がる・・・ぞ!

はじめに

 

今回は7/9に採掘で実装予定の四枚について書いていきたいと思います。 

 

まあまだ開発中ってことなので「事前調整」や「やっぱなし」があると思うので、

まだ「話半分」で見てくれると助かります。

 

▼詳細内容については公式のツイッターで確認!

 

 

実装カードは4枚!

 次回のアプデで追加されるカードは

いずれも「中立」「ブロンズ」ですね。

 

まあ当たり前ですが

「どの文明にも入れることができる最低レアリティカード」

ということもあり、

これから始めるクリスペ初心者にも優しい設計となってますね。

 

では早速見ていきましょう。

 

 

『セルトの竜騎士

「中立」「ブロンズ」

f:id:seisyuu:20190703172040j:plain

①召喚時:指定ユニット1体に3ダメージ与える。

 

4コスで1コス相当のユニットを出しつつ盤面処理をすることができます。

 

ダメージを出しつつ場に出す効果は

赤文明の「雪国の侵略者」に似ており、

「フェンサー」の大型版ともとれます。

 

疲弊したユニットや体力3までのユニットを破壊できる動きは、

除去札の乏しいクリスペではかなり心強い存在ではないでしょうか?

 

低いコストのカードをほとんどとることができるのはもちろん、

「場に残る」ことで次の動きにも繋げられることでしょう。

 

しかして4コス・・・

「中盤以降の除去札」としてみるなら少しダメが低く、

3コス最優枠の「溶岩の魔神」や

4コスの優秀枠を一回で取りきれないのも少し不安が残りますね。

 

「フェンサー」や場残りユニットなどで簡単に除去されるのも玉に瑕・・・

 

黒文明の場合同4コスの「闇の祭司」がいるから競合するな・・・

 

しかしてだからと言って完全に腐ることなく、

終盤のキャントリ(ドロソ内蔵カード)を絡め連打して盤面優位を築けたり、

前衛に隠れた攻撃的ユニットをシバけるのも見逃せません。

 

中盤と終盤、それぞれ役割がガラッと変わる面白い一枚と言えます。

 

 

 

『死を告げる怪鳥』

「中立」「ブロンズ」

f:id:seisyuu:20190703172044j:plain

①死亡時:ランダムな相手ユニット1体を破壊する。

 

待望の確定除去カードです。

 

これでレジェなどの強力なユニットへの対抗策が生まれました

 

しかしランダムな破壊かつ4コスであるという点で考えなしに出すことができず、

相手が横に広がり過ぎているときはほとんど機能しないという裏目が存在しますね。

 

盤面に残ったカードに処理されてから大物を出される危険性があり、

先述した「セルトの竜騎士」や「グリフォン」、

ランダムながら「バロン」でも簡単にとることができるのもありますね・・・

 

基本的に「相手の手札が枯渇してから出す」などの工夫ありきでの運用になりそうですが、

それでも破壊札は魅力的・・・

 

白文明の場合1コス「オク」などでとりあえず盤面から取りづらくしたり、

黒は「死霊の導き」

赤は「イフリート」を用いて終盤AOEをして雑魚を散らしつつ自壊。

それによって本命の大物狩りするなどのムーブなんかもできそうですね。

 

あと一応、「中立の4コス以上の獣」

なんでシュモン(LL)からもでてきます。

 

まあ自分含めほとんどの人にはいらない情報ですが大会では注意が必要ですね・・・

 

 

『強欲な悪魔』

「中立」「ブロンズ」

f:id:seisyuu:20190703172049j:plain

まあ見たまんまの6コスバニラです。

 

アロサウルスのコスト増版みたいなスタッツですね。

 

ハース系のDCGは「攻撃力より体力を重んずる風潮」があり、

それは同じハース系であるクリスペも逃れられない宿命です。

 

攻撃力8というのはかなり魅力的だけど体力が4ってのはかなり厳しい・・・

 

もちろんバニラなので出したターン棒立ちだし、

体力上盤面に関与するはほとんどありません。

 

顔面を狙うのであれば素直に同コス速攻持ちの「バロン」を、

盤面の圧であるなら5コスの「グリフォン」で事足りる部分があるため、

ちょっと競合が多いかなって・・・

 

まあ一応、

盤面抜きで体力4を一枚で仕留め切れるカードが少ないという救いがあるので役割はなくもないです。

 

終盤「ティンカーベル」や「岩石の巨人」などの前衛裏においてリーサルムーブを決める布石にするのも良いでしょう。

 

まあなんだかんだ言って有利なら強いカードなのかもね。

 

『複眼の悪霊』

「中立」「ブロンズ」

f:id:seisyuu:20190703172052j:plain

・連撃

①召喚時:カードを二枚引く。

 

待望の「連撃持ち第二弾」にして、二枚ドロー内蔵ユニット!

 

ブロンズの割に結構マシマシの効果ですが、

やはり後半にしか使えないというのがネックですね・・・

 

7コスともなると終盤まで手札で死蔵する危険性があり、

貧弱なスタッツもあって出す暇がそもそもない可能性も十分あります。

 

しかして案外長丁場の手札ジリ貧になりがちなクリスペ、

活路は十分にあるといえます。

 

「釣り師」や「採集」、「ジズ」などを積んで、

終盤の息切れを防いでる人にはドローの重要性はよくわかるかと。

 

さらに連撃持ちとなればもうね・・・

 

ただ、連撃持ちと相性の良い赤や緑が積むほどの余裕があるかというと・・・

 

今でも結構枠がカツカツってのもあるんだよね・・・

 

それでも4枚追加でまた環境も変わるだろうからワンチャンあるぞ!

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

シルバー以上にカードの経験値実装など、

カードゲーム外でも面白さが増しているクリスペ・・・

 

そのうちカード育てやとか、

クリスペを使った独特の商圏ができるのが非常に楽しみであります。

 

そういった発展をみたいから・・・

 

もっとカードが増えて戦略幅が増えるといいな・・・

 

なんだかんだでDCG根幹が崩壊したら・・・

他のブロクチェーンゲーと同じになるからね・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。