生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72雑記その433  見習い女王と筋肉の悪魔 3話-3(後編) 「モラクスくんのガオーにやられた」

 

はじめに

 

寒い・・・

 

なんか梅雨入りだっていうからジメジメ蒸し暑いんかなとか思ってたけど、

こたつ出すレベルで寒いですね・・・

 

季節の変わり目にクソザコなんで

こういっためちゃくちゃな気候変化はキッツイんだよなぁ・・・

 

まあ体調不良なんざ最早いつものことか・・・

 

 

後編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20190611022401j:plain

f:id:seisyuu:20190611022417j:plain

スっぽいやつは途中で仕留めきれないとかいうお約束・・・

 

やっぱハックを正式に召喚するか

ウァプラくんが再召喚でもしない限りは勝てないんですかね・・・

 

f:id:seisyuu:20190611022553j:plain

f:id:seisyuu:20190611022556j:plain

f:id:seisyuu:20190611022602j:plain

f:id:seisyuu:20190611022605j:plain

f:id:seisyuu:20190611022608j:plain

f:id:seisyuu:20190611022611j:plain

静止画のスクショだと死ぬほどわかりづらいですが、

なんかザガンが闘牛っぽいムーブ(?)で躱したっぽいですね・・・

 

メギドには「地の文」がデフォでないからなぁ・・・

 

ナレーターあったのメフィストイベくらい?

 

f:id:seisyuu:20190611022707j:plain

f:id:seisyuu:20190611022711j:plain

とりあえず助かったっぽい。

 

一瞬ザガンの左手がモンモンの股間をがっつり掴んでるように見えたけど、

多分気のせいです。

 

f:id:seisyuu:20190611022715j:plain

f:id:seisyuu:20190611022718j:plain

f:id:seisyuu:20190611022720j:plain

f:id:seisyuu:20190611022756j:plain

そして逃げ出すマルチネ(疑惑)・・・

 

「すごい速さなのに馬車に追いつけず」だったってのも謎だし、

王都に向かわないで「他の馬車を襲う」ってのもわからんな・・・

 

行動範囲を急に広げたからマルチネ本体を追っていたと思ってたけど・・・

 

うーん・・・?

 

f:id:seisyuu:20190611022837j:plain

f:id:seisyuu:20190611022840j:plain

f:id:seisyuu:20190611022842j:plain

まあOPで見てきたフォルムだし、

マルチネの奥義を使えばそのまんま出てくるからなぁ・・・

 

模倣体というかコピーである可能性もあるけど・・・

 

ほら、追放前にデータとして遺伝子を保管してる可能性とか・・・

 

f:id:seisyuu:20190611023156j:plain

f:id:seisyuu:20190611023159j:plain

f:id:seisyuu:20190611023202j:plain

f:id:seisyuu:20190611023238j:plain

f:id:seisyuu:20190611023241j:plain

まあ今のはハックの部下である「マルチネ」で、

ヴィータのマルチネ」との関連性は今の所わからないって感じなんですよね・・・

 

モンモンサイドのマスキングされてる部分と、

自身が今知る情報リソースがたまにごっちゃになるな・・・

 

f:id:seisyuu:20190611023330j:plain

f:id:seisyuu:20190611023336j:plain

f:id:seisyuu:20190611023341j:plain

f:id:seisyuu:20190611023537j:plain

ありふれてはないけど希少ながら実在している名前だから判別がつかないわけですね・・・

 

それに名前は母親がつけてくれたとか言ってたし・・・

 

f:id:seisyuu:20190611023544j:plain

f:id:seisyuu:20190611023546j:plain

f:id:seisyuu:20190611023550j:plain

f:id:seisyuu:20190611023552j:plain

f:id:seisyuu:20190611023620j:plain

ここでもまたミスリードか・・・

 

モンモンサイドにいよいよもって解決の糸口が消えかけてますね・・・

 

まだマルチネが誘拐されてると思ってるし・・・

 

f:id:seisyuu:20190611023623j:plain

f:id:seisyuu:20190611023712j:plain

f:id:seisyuu:20190611023715j:plain

まあマルチネ(メギド)とマルチネ(ヴィータ)の関連性云々というのは、

「情での問題」で重要かというとそうではないですからね・・・

 

どちらのマルチネも見失ってるしなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20190611023718j:plain

f:id:seisyuu:20190611023722j:plain

f:id:seisyuu:20190611023804j:plain

f:id:seisyuu:20190611023807j:plain

遺物ってなんだよ・・・

 

変身する道具的な・・・?

 

それか「指輪もまた遺物的なアーティファクト」で、

「護界憲章をすり抜ける道具の総称」とか・・・?

 

 

まあなんにしても「ガオー」っていうモラクスくんが可愛いということですね。

 

 

これは真理です。

 

f:id:seisyuu:20190611023809j:plain

f:id:seisyuu:20190611023813j:plain

まあなんにしても轍の先は王都だしなぁ・・・

 

マルチネもなにもなければかち合うだろうし・・・

 

モンモンらの情報が狭すぎてさらに混乱を招くとかは流石にないよね・・・?

 

f:id:seisyuu:20190611023900j:plain

f:id:seisyuu:20190611023903j:plain

ほんとウァプラくんは人嫌いですね・・・

 

一人しか使用人雇ってない理由もそのためか・・・

 

その一人ってどんなのだろ・・・

 

 

野人的な?それとも猿?

 

f:id:seisyuu:20190611023911j:plain

f:id:seisyuu:20190611023914j:plain

f:id:seisyuu:20190611024000j:plain

流石に強弱関係は理解してるんですね・・・

 

それかハックに諭されて少しは変わった・・・?

 

f:id:seisyuu:20190611024003j:plain

f:id:seisyuu:20190611024006j:plain

なんか女子嫌いの中学生男子みたいな口調ですね・・・

 

男女別の謎派閥が生まれるのもその頃だったか・・・

 

f:id:seisyuu:20190611024046j:plain

f:id:seisyuu:20190611024050j:plain

f:id:seisyuu:20190611024054j:plain

f:id:seisyuu:20190611024057j:plain

有事のときは守られてやるけどこちらからはなにも与えない・・・

 

 

ヒモかなにか?

 

まあ今も領民のヒモみたいなもんか・・・

 

f:id:seisyuu:20190611024130j:plain

f:id:seisyuu:20190611024133j:plain

f:id:seisyuu:20190611024136j:plain

なんか頭からなんかが突き出てるように見えるハック・・・

 

ハックが言ったとしても役立つのかな・・・

 

蜂が苦手とか言ってたからマルチネのチクチクも恐怖してそう・・・

 

f:id:seisyuu:20190611024210j:plain

f:id:seisyuu:20190611024214j:plain

f:id:seisyuu:20190611024250j:plain

f:id:seisyuu:20190611024253j:plain

f:id:seisyuu:20190611024256j:plain

しかしウァプラ一行にハックの同行は拒否すると・・・

 

まあ「マルチネと結託して〜」とか、まずないだろうけど可能性は0ではないですからね・・・

 

f:id:seisyuu:20190611024358j:plain

f:id:seisyuu:20190611024403j:plain

f:id:seisyuu:20190611024406j:plain

f:id:seisyuu:20190611024410j:plain

f:id:seisyuu:20190611024415j:plain

弟子にもならないし召喚もしないと・・・

 

なんだろ・・・今回のモンモンほんと王っぽいな・・・

 

決断のスピードが違うよね。

 

f:id:seisyuu:20190611024455j:plain

f:id:seisyuu:20190611024458j:plain

f:id:seisyuu:20190611024501j:plain

「悪い前例」になるか・・・

 

要は「要求ありきの契約」となると不健全になってしまうということですね。

 

ある種の接待ではないけど、

「契約してやるけど・・・わかるな?」

的な不平等が生まれてしまうってことね。

 

つまり「書面上の契約以外で利得や差別が発生してしまう」

「取引が健全ではなくなる」のです。

 

「A社は俺に家をくれた」けど、

「B社はなにもくれなかった」ので

「A社と契約する」なんてのは資本主義上おかしいわけで・・・

 

f:id:seisyuu:20190611024617j:plain

f:id:seisyuu:20190611024620j:plain

まあ「特例」なんてのを毎回発行してたらキリがなくなるし、

王としての信頼も下がるわけです。

 

それにクズやらメフィストなんかは

「契約金月額〇〇円だ!」

とか言っておいて「契約後召喚に一切応じない」で金だけ貪るなんてこともやらかしそうだし・・・

 

f:id:seisyuu:20190611024629j:plain

f:id:seisyuu:20190611024632j:plain

やっぱクズが一番最初にでてくるか・・・

 

デカラビアはあの性別不詳の魔法使いっぽいので、

フォルネウスは・・・あの爽やかなやつ?

 

フォルネウスはサブ垢で仲間にしたけど結構いいやつっぽかったなぁ〜。

 

なんか目が死んでるけど。

 

f:id:seisyuu:20190611024725j:plain

f:id:seisyuu:20190611024728j:plain

f:id:seisyuu:20190611024823j:plain

f:id:seisyuu:20190611024827j:plain

f:id:seisyuu:20190611024831j:plain

話のわかるハックおじさん・・・

 

ほんといいやつなんだけどなぁ・・・

 

そしてザガンも鉄の意志を感じるな・・・

少ししか接触してないマルチネにここまで親身になるか・・・

 

ジズイベのモラクスくんみたいに、

マルチネにザガンの過去と重なる部分があるとかなのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20190611025016j:plain

f:id:seisyuu:20190611025019j:plain

弟子にならないのか(落胆)

 

弟子にならなくてもいいから、

露出の多いハック式のユニフォームに着替えるとかは期待したいところ。

 

f:id:seisyuu:20190611025021j:plain

f:id:seisyuu:20190611025025j:plain

f:id:seisyuu:20190611025031j:plain

どちらか召喚した方に案内をさせるか・・・

 

結構召喚ギミックをうまく扱ってますね・・・

 

しかし下手すると

「どっちの召喚も応答しない!」

とか

ウァプラorザガンが瀕死で・・・的な展開になるな・・・

 

f:id:seisyuu:20190611025115j:plain

f:id:seisyuu:20190611025119j:plain

f:id:seisyuu:20190611025122j:plain

確かに紐付けしていない状況で王宮につれていくと色々とやばいですね・・・

 

ただハックがマルチネと接触できないとなるとさらにこじれる可能性もあるか・・・

 

そしてバルバトスくんにお守りさせるとか・・・

それはそれで大丈夫なのかな・・・

 

待ってる間腹筋とか強制されてそう。

 

わりに

今回は以上となります。

 

ついに4話・・・余裕で足りませんね・・・

 

明日は耳鼻科に行かなきゃらならないし・・・薬も切れたからなぁ・・・

 

まあともかく足らないにしても完全な圏外ではないはず・・・

 

休みも挟むし一気に終わらせていきたいなぁ・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。