生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72雑記その314 キミに捧げし大地のソナタ 4話-1(後編)「アキノリ・・・そんな過去が・・・」

はじめに

そういや普通にイベクエでストーリー読みながらクリアするのってどれくらい時間かかるんだろ・・・

 

やっぱ1日かな・・・

 

そんな1日で終わることをギリギリまで引き延ばしてる自分は一体・・・

 

みんな既知という状態であれこれ考えて書くことに意味はあるのか・・・

 

まあいいか。

 

 

 後編-バルバトスサイド

f:id:seisyuu:20190412203113j:plain

f:id:seisyuu:20190412203117j:plain

f:id:seisyuu:20190412203123j:plain

アキノリとの思い出を語るサタナイル・・・

 

数年の仲らしいし、絆は深いんだろうな・・・

 

f:id:seisyuu:20190412203229j:plain

f:id:seisyuu:20190412203214j:plain

f:id:seisyuu:20190412203236j:plain

f:id:seisyuu:20190412203239j:plain

 アキノリは引っ込み思案というか、あんまり表立ってなにかできる奴ではなかったっぽいですね・・・

 

それがサタナイルの部隊に配属されて変わったと・・・

 

f:id:seisyuu:20190412203338j:plain

f:id:seisyuu:20190412203343j:plain

上官らしさを見せるサタナイル・・・

 

イワンにも言って欲しかった・・・

ロマネがもう少しきつめの性格だったらどれだけ救われたか・・・

 

f:id:seisyuu:20190412203450j:plain

f:id:seisyuu:20190412203455j:plain

f:id:seisyuu:20190412203459j:plain

f:id:seisyuu:20190412203503j:plain

f:id:seisyuu:20190412203506j:plain

そういえば指揮棒では叶わないから鈴にしたんだっけか・・・

 

はじめは指揮棒で習ってたんだ・・・

 

f:id:seisyuu:20190412203618j:plain

f:id:seisyuu:20190412203621j:plain

f:id:seisyuu:20190412203624j:plain

f:id:seisyuu:20190412203627j:plain

幻獣を従えられずやられるアキノリ・・・

 

 

コミカルな場面を出されると愛着わくからやめろ。

 

f:id:seisyuu:20190412203722j:plain

f:id:seisyuu:20190412203726j:plain

f:id:seisyuu:20190412203822j:plain

f:id:seisyuu:20190412203825j:plain

f:id:seisyuu:20190412203829j:plain

f:id:seisyuu:20190412203832j:plain

この頃から鈴を使い始めて、幻獣の扱いにも慣れてきている様子ですね・・・

 

指揮棒に鈴・・・奇しくも音楽関連で一致・・・?

 

f:id:seisyuu:20190412203920j:plain

f:id:seisyuu:20190412203923j:plain

f:id:seisyuu:20190412203927j:plain

f:id:seisyuu:20190412203930j:plain

きちんと原理説明してくれるのがメギドのシナリオのいいところだよね。

 

単に傾向を合わせたっていうだけじゃない理由づけがあるんやなって・・・

 

f:id:seisyuu:20190412204040j:plain

f:id:seisyuu:20190412204044j:plain

f:id:seisyuu:20190412204047j:plain

f:id:seisyuu:20190412204050j:plain

サタナイルが音楽に傾倒していることをしっていたんですね・・・

 

そういった素ぶりを見せていたのか、それとも事前にアキノリが知って配属されたのか・・・

 

f:id:seisyuu:20190412204055j:plain

f:id:seisyuu:20190412204128j:plain

f:id:seisyuu:20190412204132j:plain

うーん・・・単なる忠誠心なのか、それともそれを超えるなにかなのか・・・

 

幻獣をけしかけたのも、サタナイルにはやく出世して欲しくてというのもありそう・・・

 

f:id:seisyuu:20190412204239j:plain

f:id:seisyuu:20190412204243j:plain

f:id:seisyuu:20190412204246j:plain

f:id:seisyuu:20190412204250j:plain

f:id:seisyuu:20190412204324j:plain

アキノリを信頼していたのは、そういった背景があったからなんですね・・・

 

もう下手なこと言えない程度にはアキノリを知ってしまった・・・

 

f:id:seisyuu:20190412204359j:plain

f:id:seisyuu:20190412204405j:plain

f:id:seisyuu:20190412204408j:plain

f:id:seisyuu:20190412204432j:plain

光を見ていたね・・・

その「光」は「音楽」なのか、「サタナイルそのもの」だったのか・・・

 

バルバトスがサタナイルの今後を暗示したように、

アキノリも同様のことに気づいていた可能性もあるな・・・

 

そして収穫高を確保するために自身が暗部、汚れ役となってフォトンを回収していたと・・

 

ただ、「大切な者を殺されてまで主張を守るか?」ということを引っ掛けると、

さらに上位の者に動かなければ「サタナイルを殺す」と言われたとか・・・?

 

うーん・・・

 

f:id:seisyuu:20190412204449j:plain

f:id:seisyuu:20190412204536j:plain

f:id:seisyuu:20190412204539j:plain

f:id:seisyuu:20190412204543j:plain

死にかけたね・・・

 

任務に失敗したとかか・・・

 

f:id:seisyuu:20190412204622j:plain

f:id:seisyuu:20190412204626j:plain

f:id:seisyuu:20190412204630j:plain

下級のメギドに喧嘩を仕掛けて返り討ちにあったんですね・・・

 

しかし、アキノリから喧嘩をふっかけるということは・・・

 

身内(サタナイル)をバカにされたとかですかね・・・

 

白髭を敗北者となじられて怒るエース的な・・・

 

f:id:seisyuu:20190412204706j:plain

f:id:seisyuu:20190412204710j:plain

なにやら思いに耽るアキノリ・・・

 

その意図を組んでくれなくてしょんぼり的な?

 

f:id:seisyuu:20190412204757j:plain

f:id:seisyuu:20190412204800j:plain

f:id:seisyuu:20190412204804j:plain

f:id:seisyuu:20190412204808j:plain

貯蔵庫にはたくさんのフォトン結晶が・・・

 

メギドラルに連れて行ったら・・・あとはどうするんだろ?

 

墓を作る?ガンジス川に流す?

 

f:id:seisyuu:20190412204846j:plain

f:id:seisyuu:20190412204849j:plain

f:id:seisyuu:20190412204853j:plain

用事とは「敵」を倒すこと・・・

 

バルバトスとは敵同士とはもちろん「ソロモン王が敵」となること・・・

 

ストラではなく、「バルバトス」呼びなのは、そういった関係との決別ということか・・・

 

f:id:seisyuu:20190412204925j:plain

f:id:seisyuu:20190412205001j:plain

f:id:seisyuu:20190412205005j:plain

死を忌み嫌うタナトフォビアのサタナイルが仇を討つために戦う・・・

 

それも「殺す」と宣言してまで・・・

 

終わりに

そろそろ出かけるので簡単に。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。