生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72雑記その242 嵐の暴魔と囚われの騒魔 5-1(後編)「お菓子屋のおばさんは聖人だってはっきりわかんだね」

はじめに

連続投稿してるときって「はじめに」でなにを書くか地味に困るんですよね・・・

 

正直書けることはいっぱいあるんだけど、早く先を書いていきたいってのもありきで色々と難しいなぁ・・・

 

そもそも「はじめに」いらない説

 

・・・いや、「いるいらない」になったらこのブログ自体「いらない」になるから考えないでおこう・・・

 

 

後編-街にて

f:id:seisyuu:20190311042113j:plain

f:id:seisyuu:20190311042117j:plain

f:id:seisyuu:20190311042121j:plain

台風のように幻獣をも巻き込んでいくジズ・・・

 

最後の時が近づいた・・・終わりのときがやってきた・・・

 

f:id:seisyuu:20190311042205j:plain

まあ純正メギドがバフォ姉貴くらいしかいないっぽいし(ウェパルちゃんは怪しいけど)、

フォトンの利用がないと相当きつかっただろうな・・・

 

f:id:seisyuu:20190311042209j:plain

f:id:seisyuu:20190311042214j:plain

幻獣が集まっているということは、一気に勝利することができるという訳ですからね・・・

 

「ジズ」と呼ばずに「嵐の暴魔」と呼ぶところにバルバトスくんの優しさを感じます。

 

f:id:seisyuu:20190311042246j:plain

f:id:seisyuu:20190311042251j:plain

f:id:seisyuu:20190311042331j:plain

f:id:seisyuu:20190311042335j:plain

この人らの中にジズをいじめた難民も含まれているんだろうな・・・

 

でもメギドラルの策略さえなければ善良な市民だった人もいるだろうし、わりきれない・・・

 

f:id:seisyuu:20190311042338j:plain

f:id:seisyuu:20190311042419j:plain

f:id:seisyuu:20190311042422j:plain

f:id:seisyuu:20190311042426j:plain

「暇そうな人」じゃないな・・・

 

このマダムモブが全部「暇そうな人」に見えてきた・・・・

 

f:id:seisyuu:20190311042507j:plain

f:id:seisyuu:20190311042511j:plain

f:id:seisyuu:20190311042516j:plain

店のおばさんでこのモブだからそりゃあのおばさんか・・・

 

しかしこのおばさんは最後までぐう聖だな・・・

 

街が破壊されて、避難した先も幻獣被害がでたというのに、

一客でしかなかったジズ(しかも買わなかった)を案じているとか・・・

 

 

「暇そうな人」みてるか?あ!?

 

 

後編-アイドルサイド

f:id:seisyuu:20190311042645j:plain

f:id:seisyuu:20190311042648j:plain

f:id:seisyuu:20190311042652j:plain

遠くにいるっぽいのに聞こえるのか・・・

 

日常生活すごい難儀しそう・・・

 

色々な悪心に晒されながらも歌姫になるとか鋼のメンタルだな・・・

 

f:id:seisyuu:20190311042730j:plain

f:id:seisyuu:20190311042734j:plain

f:id:seisyuu:20190311042738j:plain

f:id:seisyuu:20190311042816j:plain

街では「なにか」が起こっている・・・

 

「希望」の音色・・・モンモンがなにかしたのかな・・・

 

 

バフォ姉貴は野望の音色がしそう

 

f:id:seisyuu:20190311042820j:plain

f:id:seisyuu:20190311042900j:plain

今度はプロメテウスが笛吹き男に誘われるか・・・

 

ジズがプロメテウスに惹かれたように・・・

 

終わりに

案外あっさり終わりましたね・・・

 

どんどん書いて終わらせるぞ・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。