生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。最近はメギド72ブログを集中執筆中!http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72雑記その100「魔を呼ぶ狂気の指輪-1話(終) ついに100回行ったけどなにもないんだな 」

はじめに

メギドブログもついに100回目!!!

 

メギドを初めて約一ヶ月半・・・

ペース速いなぁ・・・

 

それを記念になんかやろうかと思ったけど、あんまり思いつかないですね・・・

 

 

まあいつも通りって感じで

 

 

 

前編-モブちゃんサイド

f:id:seisyuu:20181216181931j:plain

f:id:seisyuu:20181216182032j:plain

おしゃべりも済んだようでおいとましようとするアモンくん。

 

 

いかないで・・・

 

f:id:seisyuu:20181216182038j:plain

f:id:seisyuu:20181216182043j:plain

モブちゃんに孤児院を勧めたのはアモンくんだったんですね・・・

 

前よりも明るくなったということで安心した様子。

 

しかし「ポーレット」という名前がありながらモブちゃん呼びは我ながらどうなんだろ。

 

f:id:seisyuu:20181216182126j:plain

なんだかヴィータ観が歪んでるアモンくん。

 

ストリートの貧民窟で育ったんですかね・・・?

 

f:id:seisyuu:20181216182130j:plain

f:id:seisyuu:20181216182134j:plain

やはりなんだか暗い過去がありそうですね・・・ 

 

孤児院をでたのは単にモンモンに召喚されたからなのかな?

 

てかガチャでは召喚という形ではあったけど、実際はアポとって勧誘してる的な感じなのか・・・?

 

f:id:seisyuu:20181216183508j:plain

f:id:seisyuu:20181216183514j:plain

f:id:seisyuu:20181216183518j:plain

迷子・・・あっ(察し)

 

 

  これでアモンくんもモンモンとも合流できそうですね。

 

f:id:seisyuu:20181216183842j:plain

f:id:seisyuu:20181216183845j:plain

f:id:seisyuu:20181216183856j:plain

「あんた」呼びに怒らない院長やさしい。

 

帰るってときに注文されても受けるアモンくんもやさしいなぁ・・・

 

 

f:id:seisyuu:20181216183929j:plain

f:id:seisyuu:20181216183932j:plain

知ってた。

 

f:id:seisyuu:20181216183938j:plain

f:id:seisyuu:20181216183959j:plain

仲間だからか口調が本来のものに戻るダンタリオン

 

 

詰めが甘いですね・・・

 

f:id:seisyuu:20181216184313j:plain

f:id:seisyuu:20181216184320j:plain

これはモブちゃんがダンタリオンに嫉妬するパターンですよ!

 

「リュカ」ではなく「アモン」呼び

ということはモブちゃんの知らない部分をダンタリオンは知っているわけです。

 

 

昼ドラ展開になるのかな?

 

 

f:id:seisyuu:20181216184324j:plain

f:id:seisyuu:20181216184351j:plain

f:id:seisyuu:20181216184358j:plain

知り合いとみて改めてアモンくんに依頼する院長。

 

親からもらった名前を大事にしなさいとか怒られないからまあそういうことなんだろうなぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20181216184547j:plain

f:id:seisyuu:20181216184552j:plain

「私も一緒に探す・・・」

的にアモンくんの袖をつかんで離さないような展開を期待していたのですんが、

案外なにもないんですね・・・

 

かなしい

 

f:id:seisyuu:20181216184556j:plain

アモンくんいっちゃうよ・・・?

 

f:id:seisyuu:20181216184600j:plain

f:id:seisyuu:20181216184605j:plain

 無言で見つめ合う二人・・・

 

二人とも大人しい部類だから小動物っぽいですね・・・

 

前編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20181216190931j:plain

f:id:seisyuu:20181216190936j:plain

f:id:seisyuu:20181216191542j:plain

一行はまたネズミの幻獣を追っていた模様・・・

 

そろそろ変化がおきてくれないのか

 

f:id:seisyuu:20181216191546j:plain

f:id:seisyuu:20181216191551j:plain

f:id:seisyuu:20181216191556j:plain

ねずみが持っているのは紛れもなく例の指輪!

 

そういえば前回のイベ最後のおばちゃんはどうなったんだ・・・?

 

f:id:seisyuu:20181216191600j:plain

f:id:seisyuu:20181216191604j:plain

f:id:seisyuu:20181216191606j:plain

 なんとフォトンを食らって巨大化してしまう・・・

 

ようやくストーリーが動き出しそうですね・・・

 

ボス戦

f:id:seisyuu:20181216192803p:plain

巨大化とはいえなんだか小さいですね・・・

 

f:id:seisyuu:20181216192811j:plain

黒死獣・・・

 

やっぱりペストじゃないか(呆れ)

 

後編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20181216192831j:plain

f:id:seisyuu:20181216192907j:plain

f:id:seisyuu:20181216192911j:plain

せっかくやっつけたのに逃げられた模様。

 

エネルギーが常に供給されているので中々死にはしないんですね・・・

 

f:id:seisyuu:20181216192954j:plain

巨大化したとはいえ壁の隙間に入れるのか・・・

 

f:id:seisyuu:20181216193039j:plain

モンモンレーダーで索敵がしやすくなる!

 

巨大ネズミが爆発的に増えてパンデミック

黒死病

 

みたいなノリとかないよね・・・?

 

f:id:seisyuu:20181216193046j:plain

f:id:seisyuu:20181216193050j:plain

相変わらず塩対応のモンモン・・・

 

聖人もいきすぎると人間味薄くなりますね・・・

 

f:id:seisyuu:20181216193151j:plain

イチャつくこと自体は別に構わないんですね。

 

いいこと聞いた!

 

f:id:seisyuu:20181216193208j:plain

f:id:seisyuu:20181216193258j:plain

 指輪さえ押さえればこちらのもの。

 

モンモン一行は再び指輪の跡を追います。

 

後編-アモンくんサイド 

f:id:seisyuu:20181216194054j:plain

f:id:seisyuu:20181216194103j:plain

モンモン一行を見つけられないでいるアモンくん達。

 

子供二人が路地裏とか危険すぎますね・・・

 

f:id:seisyuu:20181216194107j:plain

f:id:seisyuu:20181216194112j:plain

そういえばモブちゃんと会うのが主目的だったんですかね・・・?

 

自身が斡旋しただけに責任があるのかもしれませんが、

「それ以上のなにか」を期待したいところです。

 

f:id:seisyuu:20181216194118j:plain

f:id:seisyuu:20181216194123j:plain

f:id:seisyuu:20181216194127j:plain

ダンタリオンは色々と察したようですね・・・

 

 

お前、あいつのことが好きなのか?(青春)

 

f:id:seisyuu:20181216194206j:plain

f:id:seisyuu:20181216194212j:plain

そういやアモンくんが年相応な精神年齢ですが、

ダンタリオンはメギド体のときの精神年齢や思考を引き継いでいますね・・・

 

なんか違いでもあるのかな・・・

 

f:id:seisyuu:20181216194301j:plain

f:id:seisyuu:20181216194306j:plain

なんだか諍いごとに首をつっこもうとするダンタリオン

 

路地裏ってのもありきでまずいですよ!

 

f:id:seisyuu:20181216194311j:plain

f:id:seisyuu:20181216194446j:plain

子供ってのもありますが、指輪の力の範囲なんですかね・・・

 

しかしアモンくんもなんだかんだで面倒見がいいですね。
 

f:id:seisyuu:20181216195428j:plain

f:id:seisyuu:20181216195431j:plain

f:id:seisyuu:20181216195438j:plain

ライオ隊長!

 

てか「コラコラ言うチンピラ」とかいうクッソ適当な名前はなんなんですかね・・・

 

f:id:seisyuu:20181216195532j:plain

f:id:seisyuu:20181216195536j:plain

おじいさんっぽい言葉で仲裁するダンタリオン

 

ライオよりも年老いてそう

 

f:id:seisyuu:20181216195556j:plain

f:id:seisyuu:20181216195600j:plain

チンピラにとってマジレスほどいらないもんはないんですよね・・・

 

結構危険なことしますねしかし

 

f:id:seisyuu:20181216195639j:plain

なんか色々とコンプレックスありそうなチンピラ

 

まあチンピラだしね・・・

 

f:id:seisyuu:20181216195643j:plain

f:id:seisyuu:20181216195821j:plain

ここで颯爽とアモンくんの登場!

 

これは惚れますわぁ・・・

 

f:id:seisyuu:20181216195827j:plain

大人の不甲斐なさに嘆くダンタリオン

 

結構世話焼きなところがありますね。

 

f:id:seisyuu:20181216195832j:plain

f:id:seisyuu:20181216195837j:plain

なんか噛ませ臭が強くなりましたね・・・

 

まあ名前が名前、所詮敗北者じゃけぇ・・・

 

f:id:seisyuu:20181216195844j:plain

f:id:seisyuu:20181216195849j:plain

まあ下手な真似して傷害沙汰になるとね・・・

 

それにまあ子供にしか見えないし

 

f:id:seisyuu:20181216195852j:plain

f:id:seisyuu:20181216200016j:plain

f:id:seisyuu:20181216200021j:plain

相変わらず無視されるチンピラくん。

 

ここまでくるとちょっとかわいそう

 

f:id:seisyuu:20181216200026j:plain

f:id:seisyuu:20181216200031j:plain

アモンくんも知っているんですね・・・

 

もともと有名だから知っていたのか

それともモンモンがアジトで惚気ていたのか

 

 

個人的には後者を推したい

 

f:id:seisyuu:20181216200038j:plain

f:id:seisyuu:20181216200043j:plain

ベヒモスくん再登場!!!!!

 

そういや名前を覚えないって設定がありましたね・・・

 

「おっとう」(親父)的な言い方かと思った

 

ところで東北ではよく使うけど、ローカルなのか・・・?

 

f:id:seisyuu:20181216200256j:plain

f:id:seisyuu:20181216200303j:plain

自分より強そうなやつがでて卑怯だというチンピラくん。

 

自身が不利になると急に卑怯とかいうやついるよね・・・

 

f:id:seisyuu:20181216200308j:plain

特に苦戦する描写もなくやっつけるベヒモスくん。

 

いちいちセリフが18禁くさいのはなんなんでしょうか?

 

f:id:seisyuu:20181216200312j:plain

f:id:seisyuu:20181216200324j:plain

特に礼もなく立ち去ろうとするアモンくん。

 

まあ面倒ごとに巻き込まれたくないしね・・・

 

f:id:seisyuu:20181216200328j:plain

f:id:seisyuu:20181216200332j:plain

ダンタリオン自体は知識欲からかかなり興味津々ですね・・・

 

そうか、知識欲があって好奇心が旺盛だから首をつっこむのか(今更)

 

f:id:seisyuu:20181216200457j:plain

f:id:seisyuu:20181216200501j:plain

相変わらずの勘の良さ。

 

ほんと味方でよかったですね・・・

 

f:id:seisyuu:20181216200506j:plain

 きちんと挨拶できてえらい。

 

アモンくんはそんなダンタリオンに呆れ気味なのでした・・・

 

終わりに

ようやく終わったぞ1話!!!

 

しかし長いですね・・・

 

イベクエであんまりにも長かったら今後前後編で2記事に分割したいと思います。

 

それはさておき、100回まで到達しましたね・・・

 

最初はとりあえず「100回書いてから続けるか考える」的な感じでしたが、

まあ実際いってみて、「今すぐにやめる」という選択肢は現状ありませんね・・・

 

というか100回という数字も三ヶ月くらい書いてようやくかなと思ったら案外一ヶ月半で達成しているのもすごいなー。

さすが覇権ゲーやで・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。