生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

メギド72雑記その81「11話-2 指名チケでパパをお迎えしたぞ!」

はじめに

ガチャに失敗しても指名チケがある!

相殺されて実質こっちの勝ちなんだ!!!!

 

 

指名チケはフォラスパパに決定!!!!

f:id:seisyuu:20181207190112p:plain

とりあえずとっとけ的なレベルらしいのでとりあえず確保!

 

ほんとは見た目で選びたいというのはありましたが、

そういったキャラは指名ではなく運命に身を任さればいずれ引くことができると確信しているので大丈夫なのです(?)

 

f:id:seisyuu:20181207191121j:plain

メギドラルでの職と追放後の職が一致してるんですね。

まあ出自さえなんとかなれば至って自然な流れとも言えます。

 

追放も家庭を持つのも興味から・・・

知的好奇心を満たすためになら、

かなりリスキーなことでも厭わないタイプなんですかね?

 

f:id:seisyuu:20181207190118j:plain

特性のオーブ使用ターン軽減とかいうのも半ばチートくさいですし、

スキルのアタックバフ、覚醒の効果範囲の全体化と、

かなりの補助の鬼といったところ・・・

 

奥義の5倍防御無視とか普通にやばない?

 

とはいえゲージが5であることを加味すると

乱発はできないので妥当・・・なのかなぁ

f:id:seisyuu:20181207190122p:plain

とりあえず今日は星3まで進化!!!

 

素材やらなんやらがとにかく足らないのでどんどん先に行きたくなってきました。

 

前編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20181207190338j:plain

ふっかけといて急に冷静になるモンモン。

 

女王と一緒になると色々と不安定だな・・・

 

f:id:seisyuu:20181207190348j:plain

f:id:seisyuu:20181207190352j:plain

指輪をくっつけてみようと提案するも却下される。

 

まあ、変に加工しちゃった余剰フォトンがあったからワープしたわけで・・・

 

f:id:seisyuu:20181207190450j:plain

f:id:seisyuu:20181207190454j:plain

珍しく案を出すマルコ。

 

しかしモンモンは他人にケツを拭かせようとしてるんですがわかってるんですかね・・・

 

f:id:seisyuu:20181207190458j:plain

f:id:seisyuu:20181207190502j:plain

協定には違反しないものの、そもそも招かれざる客であることに間違い無いようです。

 

それに今は王都が幻獣に侵攻されるかもってときに

人員リソース割けないというのもありそうですし・・・

 

f:id:seisyuu:20181207190713j:plain

f:id:seisyuu:20181207190719j:plain

案外ガープくんでも「あなた」呼びなんですね・・・

 

剣闘士ということもあり、流石にフォーマルとインフォーマルの違いはわきまえてるか。

 

f:id:seisyuu:20181207190725j:plain

f:id:seisyuu:20181207190731j:plain

モンモンに熱視線をかける王女・・・

 

まあ今のモンモンではなんの解決策も湧かなそうだしね。

 

f:id:seisyuu:20181207190735j:plain

f:id:seisyuu:20181207190741j:plain

まあ凝り固まった盲点をほぐすのには他の視点が必要だからね。

 

そういった点でモンモンは絶好のスパイスなのです。

 

f:id:seisyuu:20181207190746j:plain

女王には高評価のシャックス。

 

モンモンより学があるというのは果たして・・・

 

f:id:seisyuu:20181207190750j:plain

f:id:seisyuu:20181207190754j:plain

先に戦ったのは幻獣だったんですね・・・

 

幻獣はメギドラルのみの産物ではなく、

ヴァイガルド以外に自生している生き物の総称かなにかなのでしょうか?

 

それに施設の利用内容をしっていることから

以前訪問したかガブリエルらになにかしら教えられている可能性もありますね・・・

 

f:id:seisyuu:20181207190758j:plain

ここでもでてくるゲートの存在。

 

メギドラルのみではないということなんですね。

 

 

後編-モンモンサイド

f:id:seisyuu:20181207200409j:plain

いつのまにかシバ呼びのモンモン。

 

アミーラ(だっけ?)は近しい人にしかわからない感じかな?

 

f:id:seisyuu:20181207200415j:plain

f:id:seisyuu:20181207200426j:plain

ハルマ側のゲートは開いてないが

ヴァイガルド側のゲートが生きていたからハルマまでこれたってこと・・・?

 

 

一方通行ということもできると?

 

f:id:seisyuu:20181207200430j:plain

f:id:seisyuu:20181207200436j:plain

f:id:seisyuu:20181207200441j:plain

神話時代に遡るとハルマと王都との交流があったらしい。

 

結構観光地的な感じでもあったのかな?

 

f:id:seisyuu:20181207200445j:plain

f:id:seisyuu:20181207200541j:plain

ハルマニアの繁栄も終わった・・・?

 

つまりフォトンの絶対量が少なくなってきている可能性もあるのか。

 

もしくはヴァイガルドがメギドラルとハルマニア両方のフォトンを吸っているかのどっちか?

 

f:id:seisyuu:20181207200650j:plain

f:id:seisyuu:20181207200653j:plain

まあ今更栄枯盛衰の話をしてもなにも解決しないですからね・・・

 

 

f:id:seisyuu:20181207200721j:plain

無関心とはいえ門番はおく・・・

 

自動人形というか幻獣に守りをさせているといった感じでしょうか?

 

f:id:seisyuu:20181207200829j:plain

f:id:seisyuu:20181207200834j:plain

まあ不審なものを排除するのは社会の常というもの。

 

女王もかなり暗部的な部分を見ているのかもしれません。

 

f:id:seisyuu:20181207200949j:plain

f:id:seisyuu:20181207200953j:plain

いちいちモンモンを引き合いに出して貶してますね・・・

 

まあ「王たるものかくあるべし」と暗に示しているのかもしれません。

 

f:id:seisyuu:20181207200958j:plain

f:id:seisyuu:20181207201003j:plain

f:id:seisyuu:20181207201052j:plain

たしかに過剰な不和は現状みたことないですね・・・

 

「適度に大人である」と感じたのはそういうところにあるのかもしれません。

 

f:id:seisyuu:20181207201056j:plain

f:id:seisyuu:20181207201102j:plain

少なくとも楽しい仲間ではないようですね・・・

 

もしキリスト教関連のベースとなると、

ハルマはあくまでも「契約」や「目的遂行」といった

ある種のビジネスライクが徹底されているのかもしれません。

 

 

それか単にあんまり仲良くないかですね。

 

f:id:seisyuu:20181207201242j:plain

 なんだか寂しさを感じさせたまま終わってしまいましたね・・・

 

女王は一体どんな人生を送ってきたのでしょうか?

 

色々と度外視してマイネ連れてきたのは、

そういったなにかの心理的な欠落の埋め合わせなのかもしれません。

 

 

終わりに

今回は以上となります。

 

メギドは舞台背景もそうですが、おそらくキャラ背景と過去が精緻なんですね。

精緻だからこそ動かせるなと思う節が度々見受けられるのでメギストも見ていかないといけないなぁ・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。