生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

Kindle Unlimited に登録したならこの漫画を読め! 第五回 哀愁漂う男の飲み事情「荒野のグルメ」!

f:id:seisyuu:20181022192031j:plain

 

はじめに

今回は「荒野のグルメ」について書いていきます。

Kindle Unlimitedでは二巻まで読むことができるんですね。

原作の「久住昌之」さんといえば、「孤独のグルメ」の原作で有名で、

作画の「土山しげる」さんは「喰いしん坊」などが代表作です。

 

土山しげる」さんは今年の5月、癌のため亡くなられました。ご冥福をお祈りさせていただきます。

 

Kindle Unlimited漫画レビューのベースページはこちら

Kindle Unlimited に登録したならこの漫画を読め! ベースページ - 生執の思考球体

 

 

 

どんな漫画なの?

ものすごく乱暴な略し方をすると、

主人公である中間管理職の「東森良介」(48)仕事終わりに居酒屋で脳内会話を交えて酒を飲むという漫画ですね。

f:id:seisyuu:20181022192034j:plain

 

『この漫画は「哀愁」というか、「男の背中」というか、とにかく渋い!』

f:id:seisyuu:20181022192939j:plain

 

主に仕事パート→居酒屋パートから構成されており、

仕事パートでは中間管理職特有の間バサミの対応や、接待のメンドくささなどが描かれ、

居酒屋パートでは仕事パートの鬱憤を晴らすような愚痴とカタルシスが待っています。

 

『飲みパートでは「一人酒あるある」とも言える要素がふんだんに詰め込まれている』

f:id:seisyuu:20181022193147j:plain

 

 

 

 

 

この漫画の巧みさ

土山テイストと久住テイストの見事なマッチングといえばいいでしょうか?

 

久住テイストの「脳内小言」 をぶつぶつとした後は

土山テイストの「インパクトある大ゴマ」で持っていきます。

 

f:id:seisyuu:20181022193144j:plain

 

 このメリハリができているため、ただ愚痴のみに終始せず爽やかなリセットと余韻があるんですね・・・

 

 

 『締めは大ゴマで余韻を持たせる!小言に他の客の会話、女将の後ろ姿・・・たった一ページで様々な環境音で満ちている』

f:id:seisyuu:20181022194029j:plain

 

 

 終わりに

今回は以上となります。

「喰いしん坊」や「大食い甲子園」とかもその内書いていきたいですね。

Kindle Unlimitedでは土山さんの作品が多く読めるためおすすめです。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。