生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

Shadowverse (シャドウバース) 新キーワード効果『直接召喚』と「フラウロス」「開闢の預言者」

ベースページはこちら

 www.seisyu-work.com

 はじめに

今回は新たなキーワード効果「直接召喚」と、直接召喚を持つ新カード二種について書いていきたいと思います。

新しい概念なので楽しみではありますが、

これからは相手の手札がなくともなにかしらが出てくる可能性が生まれるという読みづらさがでて怖いんですね。

 

 

直接召喚

特定のタイミングで特定の条件を満たすことでデッキから召喚される効果をいいます。

同一タイミングで出てくるカードは一枚だけなので、今後、同じタイミングで出される直接召喚効果があった場合はおそらくランダム抽選ということになるのでしょう。

言ってしまえば自己の効果で場にでるリクルーターのようなものですね。

 

もしかしたら、マゼルベインの効果処理テキストにあった、

「ターン終了時、自分の場のフォロワーが1体のみの場合、ランダムな自分のフォロワーに〜」という少しおかしな文言は、

もしかしたら「唯我」カードが直接召喚を持っている可能性があるのかもしれません。

 

「マゼルベイン」以外のカードがハイランダーの場合、ターン終了時になにかがでてくる・・・?

 

f:id:seisyuu:20180916210018j:plain

 

『フロウラス』

クラス:ヴァンパイア レアリティ:ゴールド

f:id:seisyuu:20180916210013j:plain

①直接召喚:自身のターン中、自分リーダーがそのターンで4回目のダメージを受けた時、このカードを1枚場に出す。

②ラストワード:自身のライフを3回復(進化後の場合は5回復)

 

リクルート効果と破壊時の回復のあるカードです。

 

ヴァンプには「贈り物」「闇の街」といった0コス自傷があるので最短1ターン目でも召喚可能ではありますが、

まあ、上振れ中の上振れのようなものなので出されたら仕方ないと思うしかないですね。

 

しかし早期ターンから出しに行けるという点は偽りではなく、大量のハンド消費に見合ったカードがでてくるので序盤出されるとそのまま圧殺なんてことも十分にありえます。

 

ただ、スタッツこそ標準を超えますが、一応体力が3なので2コス3ダメスペルで払われるということも十分に有りえ、完全に出し得とはいかない場合も有りえそうです。

逆に言えば対処を握っていなければどうすることもなく轢かれるということですが・・・

 

低コス自傷の多いアンリミでは、ただでさえ早いのにこのカードまでつっこんでくるので本当に厄介になりそうです。

 

今回のヴァンプはドロシーの再来なのでしょうか?

 

 

 

『開闢の預言者

クラス:ウィッチ レアリティ:レジェンド

f:id:seisyuu:20180916210016j:plain

アクセラレート(10):カードを1ドローし、「開闢の預言者」をデッキに1枚加える。その後自身のPPを9回復する。

②直接召喚:自ターン終了時、この対戦中、自分が元のコストの1〜10までのカードをプレイしていた場合、このカードをデッキから場に出す。

③このカードは相手からの効果で選択されず、効果による破壊はされない。

 

ある種の特殊勝利フォロワーです。

 

 アクセラレートによるデッキ戻しがついていますが、10コスなのでそれまで塩漬けにする必要があり、どうしてもというのなら「指輪」で戻すなどのギミックが必要となります。

 

さらに構築上の関係でどうしても各コスト帯のカードを入れる必要がでてくるうえ、

特定コスト帯は強くないからと単積みをしてしまうと、今度は引けないという憂き目に合うジレンマがありますね。

 

しかし、幸いウィッチには8コスには「握撃」9コスには「ギガキマ」10コスには「フレデス」という有用枠があるので召喚自体は案外なんとかなりそうですが、

そもそもフィニッシャー級の「ギガキマ」を出すだけでリーサルがみえるので、

事故要因となり、さらに成立後にも不安定なこのカードを入れる枠があるのかはそもそもの疑問なのではないでしょうか?

 

もしかしたらローテではなくアンリミでの運用をベースにデザインされているのかもしれません。

「キマイラ」「ドロシー」「魔法剣」などのコスト減カードがあるので、当然 ローテより早く着地できるんですね。

「超越」撃って終わり!閉廷!

 

追記:アクセラレートでのカードプレイは元コストはアクセラレートコストに準拠するとのこと。

つまり、アクセラレートで柔軟に使いわけをすればあるていどの幅はケアできるというわけですね。

 

「テミスの粛清」はマジ勘弁

 

 

終わりに

今回は以上となります。

擬似的とはいえ特殊勝利というのは心踊るものがありますね。

 

擬似的な特殊勝利といえば、

大絶賛配信中のWAR OF BRAINS 

というDCGでは、相手ターン終了時、自身の手札に1〜8コストのマグナ(リーダー)のカードがある場合、セットしていれば罠ゾーンから直接召喚されるカードが存在します。

å®é­è¸å¥³ ãã³ã·ã³ã°ã»ã¢ãªã¹

そのカードはうまくだされば99点パンチをぶちかますことができ、一気に試合を終わらせるその様は、まさに特殊勝利といえるでしょう。

 

f:id:seisyuu:20180918191402p:plain

もし、一足早く擬似的な特殊勝利を味わいたい!という方や、

出したときに歌詞付きのBGMを聴きたい!というTCGらしからぬ考えをお持ちの方はぜひウォーブレをプレイしてみてください。

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。