生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

Shadowverse (シャドウバース) 「沈黙の絶傑・ルルナイ」「沈黙の使徒」「沈黙の信者」「沈黙の従者」

「沈黙の絶傑ルルナイ」歩くとチャラチャラ音がしそう。

f:id:seisyuu:20180916035014j:plain

 

ベースページはこちら

 www.seisyu-work.com

 

はじめに

今回は沈黙カード四種について書いていきます。

予想記事ではスペルメタはさすがにないだろうと書いたんですが・・・まあ。

 

『沈黙の絶傑・ルルナイ』

クラス:ネクロマンサー レアリティ:レジェンド

f:id:seisyuu:20180916035012j:plain

①ファンファーレ:ネクロマンス(3):次の自ターン開始まで、相手の手札のスペルのコストを+3する。

 

標準を超えるスタッツを持ち、スペル阻害までしてしまう恐ろしいカードです。

3/3などの標準越えが標準となる時代がきてしまうのでしょうか?

 

ネクロマンスのスペルコスト増加は軽い墓地でも使えてしまうというのもありますが、

特定の構築において絶対的な封殺を与えるレベルに強力といえるのではないでしょうか?

特にスペルブーストを多様する「ブーストウィッチ」は致命的といえ、1ターンなにもできずに終わってしまうことすらありそうです。

 

序盤出しからの相手ターンにスペルを打たれないというだけで場持ちがさらによくなり、場合によっては盤面優位を中盤に繋げることもできますね。

 

といってもネクロマンス(3)なのでなにかしらで墓地を稼がないと最速で出しても発動しないんですね。

まあ、それでも十分に強いと言える効果ではないでしょうか?

 

後半に複数出しして妨害なんかもえぐそう・・・

環境をとったらスペル運用をさける形になるかもしれません。

 

 

『沈黙の使徒

クラス:ネクロマンサー レアリティ:ゴールド

f:id:seisyuu:20180916035022j:plain

①ファンファーレ:「守護」を持つ相手フォロワー1体を破壊する。

 

標準スタッツを持ち、出したとき守護を破壊できる優秀なカードです。

 

こういうのこそネクロマンス消費にしろ感があるのですが、シャドバ的には適正なのでしょう。

 

 単純に除去だけでもアドがあるのでそれだけで強力にも思えますが、相手に守護がいない場合はバニラになるので一応相手の構築次第では微妙な立ち位置になるかもしれません。うーん。

 

後半、除去運用で守護をどかして相手のフェイスに総攻撃したり、色々な運用もあるんで、

擬似スペルとしてもよし、バニラとしての妥協もよしの面白いカードではありそう。

 

 『沈黙の信者』

クラス:ネクロマンサー レアリティ:シルバー

f:id:seisyuu:20180916035020j:plain

 ・守護

①ファンファーレ:エンハンス(6):+3/+3する。

②交戦時:交戦するフォロワーが「疾走」「突進」持ちの場合それの攻撃力を-2デバフする。

 

疾走、突進の攻撃をシャットアウトすることができます。

 

-2のデバフはなかなかのものでエンハ「アルベール」の攻撃すら受け止めてしまうんですね。

「アグロロイヤルの疾走」「アーカスネクロのゴースト連打」や「ヴァンプのフォレストバット疾走連打」なんかも除去されない限りは堰き止めてしまえるのも良さげ。

 

ドラゴンなどの大型疾走なんかにはあまり効力を発揮できませんが、4コスなのでそれは仕方ないということで。

 

ただ、刺さらないデッキタイプにはとことん刺さらないので環境をみる必要はどうしてもありますね。

アーカスでは即溶けてしまうので入れないかな

 

『沈黙の従者』

クラス:ネクロマンサー レアリティ:ブロンズ

f:id:seisyuu:20180916035016j:plain

①ファンファーレ:エンハンス(6):このカードを+3/+3し、相手のフォロワー1体の効果を消す(ステータスはそのまま)

 

エンハンスで効果を消す能力を得ます。

 

効果消しは2コスに「サルナーン」が存在するので相互互換といえますね。

「サルナーン」の場合はネクロマンス(6)となかなか重いながら2コスで完結でき、

「従者」はエンハンス(6)ながら墓地リソースは使いません。

 

どちらも一長一短といえますが、そもそもネクロでは除去カードが豊富で、6コスで効果を消すくらいなら除去した方が早い場合が多かったりします。

 

もちろん、「破壊されない効果」や「強力なラスワ持ち」が存在するためその限りではありませんが。

 

特定の効果持ちが環境を席巻するようであれば、2コスでも使えて事故がないこのカードを推しても良いかもしれません。

 

終わりに

今回は以上となります。

カード予想記事でまさかルルイエの効果が当たるとは思いませんでした。

いや、否定的だったんですがね。

 

沈黙といえば、

大絶賛配信中のWAR OF BRAINS 

というDCGでは相手フォロワー全てを攻撃不可にするスペルが存在しました。

ウォーブレではフォロワーが7体並べることができるのですが、案外簡単に盤面ロックされてしまうんですね。

攻撃不可によるロックはまさに沈黙ですね。

å å¤©å¦ã®æ¥è¥²

盤面ロックを楽しみたい!という方やヘイトをくらいたい!という方は是非ウォーブレをプレイしてみてください。

 

今回もお読みいただき誠にありがとうございます。