生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)そういや構築済みデッキ買った? マグナ編

夏ももう終わりかあ・・・

なにか残せたかなあ・・・

 

当連載のベースページはこちら 

www.seisyu-work.com

 

 はじめに

今回はマグナの構築済みデッキについて書いていきます。

B1マグナは新規カードに恵まれた国家になっており、特に「アリス」はスタッツ、リーサル絶対回避効果共にぶっ壊れと囁かれ、現在でも必須級の一枚となっております。

 

 『MAGNAの進軍』

化学と医学の力で絡めとれ!

f:id:seisyuu:20180822175934p:plain

f:id:seisyuu:20180825160148j:plain

 SPプロモは「調教正義マリコ」「英明の猛き導ホワイト」「シルヴィア」

 SRは「ガートルード」「ジュノア」「マニーポポ」「イプシロン

 

個々が強力な粒ぞろい感があります。

その分か、明確なコンセプトがなく、ウイルス、医者、化学者がでたらめに入っておりキチンと分化されていない印象がありますね。

 

また、B1のカードがほぼ入っておらず、B1のカード が強力なものが多い分なんだか寂しさを感じます。

3箱買いしてもほとんど砕いて別デッキを作ってしまうのではないでしょうか?

限定SPPRについて

『調教正義マリコ

 ろくな正義がいない国

調æ正義 ããªã³

①味方ユニットが手札に戻るたび、ランダムな敵ユニット1体の攻撃力を-1デバフする。

 

色々削って3コスにしたデチューンイプシロンといったところでしょうか?

 

マグナにはバウンスするカードが多いといえば多く、

自身をバウンスする「リウ」や「キアナ」

フリーバウンスの「ショック」に万能の「イプシロンなどがいるため案外なんとかなるかもしれません。

 

発表当時

イプシロン」と組ませることで盤面をデバフで封殺できるのではないかと騒がれました。

また、攻撃力3ということもありミラーでの耐性もあるとされて賑やかでしたね。

「リウ」ドリブルでテンポを握る案なんかもありました。

 

マリコ」実装後

実装当初数回見ただけで、あとは見ていません。

当時、3コスは激戦区で、「シラユキ」「ベンテン」「アリス」の三人娘や、

「ラブレター」などの一枚でかなり動けるカードが台頭していたのが問題でしょうか。

 

マリコ」はコンボ前提なうえ、そのコンボカードもやや限られており、

下手するとただの3/2バニラにしかならないという難しさがあるんですね。

バウンスの値も低めというのもあり、デバフを撒いた後に有利交換するという動きが取りづらいというのも厳しめといえます。

 

B3での活路はあるのか

B2以降でバウンスをするカードが来なかったので目に見える強化はされていませんでした。

一応、Nスペルによるバフとキーワード効果の付与により多少は生かしやすくなったかもしれません。

毎回触れている気がしますが、「タマ」により「リウ」「サリ」をサーチできるようになったのでコンボの実現性はあがったのではないでしょうか?

 

「サリ」は「タマ」を反転させることで攻撃性能をあげたり、デバフして攻撃力を弱めたあとに確定破壊札となるため双方と相性がよいのも見逃せません。

 

イプシロン」もなんだかんだでまだまだ現役なのでデバフコントロールなどを組んでも面白そうですね。

その際は是非「メロンガム」や「アリサ」なども思い出してください。

 

『英明の猛き導ホワイト』

結構熱血漢なホワイトさん

è±æã®çãå° ãã¯ã¤ã

・リワード

①ログイン時、自身の場に医者種族がいる場合、このユニットを+1/+1する。

 自身の場に化学者種族がいる場合、自身のライフを3回復する。

 

リワードに自バフとライフ回復を持つ堅実な戦いをサポートするユニットです。

 

上手くいけば3コス3/3とアリススタッツとなり非常に強力で、ライフの3回復も地味ながら中盤以降助かる回復となりますね。

 

発表当時

使える範囲内での医者と化学者の数があまり多くなく下手すると3コス2/2での運用となる点でやや厳しいといえました。

ただ、「マイロ」生存からの「ホワイト」出しで圧力をかけられるのではないかなどの一定評価はありましたね。

 

「ホワイト」実装後

これまたほとんど見たことがありません。

見たとしても、種族コンボができずに3コス2/2での着地くらいしかありませんでした。

 

3コスの激戦区に不安定なカードを入れる余裕がないという点、

化学者が使えて「ペルシィ」と「イプシロンで、他はウイルス構築の点など、

なんともし難い部分が多かったと思います。

 

3点回復という部分も、ワントラとして設置した「シラユキ」でもでき、そちらは態々化学者を置くという事前準備もいらなかったんですね。

 

B3での活路はあるのか

B3にて、医者の「サヨナキ」が追加された程度で、あとは医者も化学者も増えませんでした。

ようは殆どA3までのカードで勝負しないといけないため、現在でもかなり厳しいといえます。

一応、Nスペルで種族持ちの生存を図ったり、「差し押さえ」などで守ったりできますが、やはり難しいですね。

 

バフこそなかったですが、ウイルスマグナで採用するのが一番楽しめるかもしれません。

より楽しむなら「the end」「シンクタンク」などと絡めて長期戦に持ち込むのもなかなかエグい戦いかたですね・・・

 

終わりに

今回はマグナの構築済みデッキについて書かせていただきました。

マグナは一番好きな国家なのですが、構築済みはパッとしなかったイメージですね・・・

もし作成ができたらデバフマグナは使って見たい・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。