生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) このカード使ったことある?なんとも言い難いカード編

 

暑すぎてやる気がでない・・・

断熱タンブラーは偉大なんやなって・・・

 

前回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 過去愛用していたすこすこカード ユニオンにもブーストがあるんや! - 生執の思考球体

 

次回はこちら

 

はじめに

今回はランクマはおろかフリマですらあまりみないカードについて書いていきたいと思います。

新しい弾で出た割には前の弾ででたカードのデチューンだったり、

打ち切りゆえか効果が中途半端だったりと謎カードがいろいろとありますね・・・

 

強みはあるんだけどなぁ・・・

 

『青空の賢者スフィンク』

調整版モアシュガー?

é空ã®è³¢è ã¹ãã£ã³ã¯

①メモリーセーブ(4)自分のターン終了時、このユニットを+2/+2する。

 

モリーセーブができなければ7コス6/6のバニラです。

 

2/2というバフ数値は決して低くないのですが、

8コス6/6で各ターン強化の「モアシュガー」がどうしても見えてしまいますね。

 

こちらは7コスということもあり、一応差別化はできるのですが、差別化したからなに?感がありますね。

 

B1での実装ですが、7コスには「シンジェリス」や「フローラ」などがおり、

8コスのゴールである「急襲」や「ジルクライハート」があり、

それらのカードは互いにある程度のシナジーがあったので「スフィンク」を入れる隙がなかったのではないでしょうか?(まあモアシュガーもあまり入れないくらいだから・・・)

 

ワンマン性能で活躍させるにもモリーセーブ(4)はメモリ最大値の半分であり意図して使うにも負担が大きく、

出したターンはもちろん適応されないので厳しいのではないでしょうか?

 

さらに最近だと同コストには攻撃時ステータスを二倍にする「でかいゴリラ」や、

同じメモリーセーブ(4)で全体+1/+1バフができ、コスト減、ターン中のメモリー増やしができるB3「レヴィ 」がいるためますます旗色が悪くなっていますね・・・

 

色々と不遇なカードではありますが、USのイラストは特別仕様なんですね・・・

 

イラストですこっていきましょう。 

f:id:seisyuu:20180802192853j:plain

 

『冒険少年ホーギィ』

尖った感じはすき

åéºå°å¹´ ãã¼ã®ã£

①このユニットは二回攻撃できる。

②自身の場に獣種族ユニットが出るたび、1ドローをする。

 

色々詰め込んだらスタッツが低くなった感あるユニットです。

 

①の二回攻撃は言わずもがな強力で、素で殴っても8点ダメ、ソルバLV3なら12点とかなりえげつないダメージになりますし、

②の獣が出せればドロソの乏しいラピスでは貴重な複数ドローソースとなります。

 

この①②の効果、実は共通点があります。

 

そうですね。返しターンまでに生存する必要があるんですね。

 

コスト7以上のユニットは、ラピスでは即時リーサルをぶち込む兵器でなくてはなりません。

体力2のユニットを一体出して生存するなんてのはかなり厳しい話ですし、

敵盤面になにかいれば即破綻してしまう不安定さがあります。

 

また、A3期では「ハナ」や「セツナ」に「イナバ」ブースト+ソルバというリーサルプランがあり、

7コスである彼はいくら二回攻撃とはいえあまり使われることはありませんでした。

 

もちろん、「龍吉公主」や「山の占い術」などでコスト減すれば実現できますが、やはり不安定なんですよね・・・

 

ビルド戦では除去札が結構足りないことがあるため、ガーディアンの陰に隠れられると非常に厄介な存在でした。

 

メタモールでB1「ナミ」で確定サーチできたらなあ・・・

 

『市長の野望』

色々と扱いが難しすぎる

å¸é·ã®éæ

①自身のデッキが一枚以上破壊されるたび、このカードのコストは(1)減る。

②このカードを使用したコストに等しい数値のカードを自身のデッキから全て破壊する。

 

デッキ破壊するごとにコスト減していき、使用したときのコストのカードを全て自デッキから破壊するという豪快な効果を持ちます。

 

うまく扱えば、「シュウサイトウ」や「セカンドヒューマンズ」などを出すことができたり、

「ドクターテンマ」と組み合わせて大量召喚ができたりしますね。

 

狙ったコスト帯を落とすためにはキチンとコントロールする必要があり、

デッキ破壊を複数回こなしている内に色々なカードが落ちたり、

手札にくるころにはコストが想定の数値でない場合があるためなんとも扱いが難しいと言えます。

高コストのユニットを落とそうとしても、序盤ではコスト上つかえず、デッキ破壊軸では後半になるにつれこのコストが下がってくるのもジレンマですね・・・

 

一応、狙ったコスト帯を大量に落とせるのは他にはないオンリーワン効果といえ、

変わったところではB1「トリガー」を全落とししてB2「トリガー」のセカンドチェンジをやりやすくしたり、

低コスト層をデッキからなくすことでカードの質を高めたりもできます。

 

最近では墓地をデッキに戻す「ダークテンマ」がいるため、少し冒険したデッキを作るのも面白いのではないでしょうか?

 

終わりに

今回はなんとも扱いが難しい3枚について書かせていただきました。

たまたまPVPでみないだけで案外使っている人もいるのではないでしょうか?

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。