生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 過去愛用していたすこすこカード ニュートラル編 ケツデカスタッツをすこれ

カオスアニメと名高いヘボットのまとめをちらっと見たのですがなんなんですかねアレは・・・

ギャグの中にきちっと伏線が散りばめられる感じ、筋の通ったカブトボーグ的な?

 

前回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 過去愛用していたすこすこカード ニュートラル編その2 - 生執の思考球体

 

次回はこちら

 

 

はじめに

今回はA3期に登場したケツデカ(高体力)カードについて書いていきます。

もう少し体力ギミックがあればよかったなー

 

『狡犬リベリー

長らくお世話になったなー

f:id:seisyuu:20180725203346p:plain

・リワード

①起動(4)1枚ドローする。

 

2コス1/3という継戦能力の高いスタッツにリワードを持ち、さらに起動持ちという欲張りセットなカードです。

 

1/3は単純に2コス以下のユニットに一回では倒されず

傷ついたユニットを有利交換しやすいスタッツなので安定した立ち回りができました。

 

リワードスペルでさらなる戦線強化も可能で、特に銅貨は擬似「メモリ」なので相手より早く高コスト札を切れるという展開の補助にもなりました。

 

攻撃力1は高コスユニットに対してはあまり役割をもてませんが、

体力3はスペルに取られづらく、単発「ブラスク」や「キュアサン」に耐えられたのはほんとえらい。

「メイグル」全盛のユニオンではよく使われてましたね〜。

 

起動によるドローは4コスとあまり使われない部類ですが、手札枯渇の際の救済処置として使え、メモリを無駄なく使えました。

2コス1/3、起動で手札補充は「ギャラクシー」に受け継がれた感ありますね。

 

小林ゆうをすこれ

 

『機械鎌のデネブ』

これぞケツデカ

f:id:seisyuu:20180725203359p:plain

①起動(1):このユニットの攻撃力を+1バフと1ダメージ与える。

 

起動で体力を攻撃力に変換できます。

 

倒せないからと相手が無視しようものなら起動を使って取りやすいサイズに変換することができ、有利交換から顔面と幅広い動きができますね。

 

高体力を活かして「クロベーヌ」や「ファジーブリッツ」、「サリ」などで火力要因にするとかなりの圧力となります。

 

特に「ファジーは計4コスで5/5になるうえ、起動によりさらに成長させることができるので非常に恐ろしい存在となり得るんですね〜。

 

地味なところでは「プロテクション」で無傷のまま強化するというコンボもありました。

 

同コスト同スタッツの「ウェディングブレード」と共にケツデカシェド構築もB1のとき見ましたね〜。

 

器用な動きができるので今でもラピスあたりでたまに使ってます。

 

『豪菌種セルゲイト』

ケツデカ界のGC

f:id:seisyuu:20180725203338p:plain

・ウイルス

①ログイン時、指定ユニットの攻撃力を、体力の数値と同じにする。

 

「ファジーブリッツ」内蔵ユニットです。

 

デネブであるなら1/5が5/5、リベリーなら1/3が3/3になるわけですね。

 

ケツデカを高火力ユニットに変換できるので抜群の奇襲性を持ち、自身も5/4と中々のスタッツを持つため強化したユニットとともに戦うのも悪くありません。

 

対象は敵ユニットでも可能であるため低体力のユニットに撃って弱体化を狙う動きもできます。

 

そこそこに有名なコンボだと「キングママ」からのオバヒ「セルゲイト」でしょうか。

ガーディアンなどの障害がなければ一気に9点ダメを飛ばすことが可能。

「ファジーはスペルであるためオバヒ発動ができず、メモリなどの補助が必須であるため差別化はできていますね。

 

「ハンニャEX」→「フレアビーツ」→オバヒ「セルゲイト」で強烈なパンチを食らわせると最高に気持ちええんじゃ。

 

はよう菌まみれになろうぜ。

 

 

終わりに

今回はケツデカスタッツにスポットを当てて書かせていただきました。

 

あの奇襲性は決まるとほんと気持ちいいんすよね〜。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。