生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 過去愛用していたすこすこカード ニュートラル編その2

なんか緊急メンテがはいってますね・・・

20勝きつそう・・・

 

前回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 過去愛用していたすこすこカード ニュートラル編その1 - 生執の思考球体

次回はこちら

 

はじめに

今回のすこすこカードはAパックニュートラルのややトリッキーな立ち回りができるカードを書いていきます。

 

前回は資産がないときのお供であり、一枚で活躍してくれるパワーカード感がありましたね。

 

『心術師パンドラ』

どんどん硬くなる!

f:id:seisyuu:20180723181157p:plain

①自身がスペルを使用するたび、全ての味方ユニットの体力を+1バフする。

 

スペルを使うたびに全体体力バフがかかるナイスなカードです。

 

軽量スペルをつかってうまくハマれば強固な盤面の形成が可能に。

一回でもスペルが使えれば自身が3/4と適正になるのも嬉しいところ。

 

特にユニオンとは相性が良く、「マジックボイル」や「トランス」などの軽量スペルが多く、

「ミュール」や「レンハイト」、「エデン」などスペルに反応するユニットも多いため専用構築にしてもなかなか面白い動きを見せてくれます。

 

他にも、体力が上がってきたら「ファジーブリッツ」や「サリ」などで一撃を食らわせても楽しいですね。

 

激戦区の4コス帯であることと、やや立ち上がりが遅い点などがありあまり採用されませんが、

たまに使うと思いの外の成果をあげてくれるカードではないでしょうか?

 

なぜか医者ではないので「ウェイン」などの医者シナジーにはならないので注意

 

『錬毒商アシッド・ボブ』

ウイルスが重くなる!

f:id:seisyuu:20180723181150p:plain

①相手のウイルスカードのコストを(1)増やす。

 

相手のウイルスを重くしてくれます。

 

本当に最初期ウイルスマグナの蓋役として愛用していました。

初期は後攻メモリがなかったので先行で「ウエスタン」→「マヤ」のムーブで一方的に糞を押し付け、

「ガートルード」を出したり「ブーイン」をだしたりとかなり好き放題できていました。

相手に処理させることをあらめさせる感覚はウォーブレならでは感がありますね。

 

 

今ではウイルスマグナの選択肢には入らないかもしれませんが、たまにでも良いんで思い出してあげてください。

 

『忍誅党頭領ゲンドウ』

大型を破壊する爽快感をすこれ!

f:id:seisyuu:20180723181205p:plain

f:id:seisyuu:20180723182313p:plain

①ログイン時、攻撃力が6以上の指定ユニットを破壊する。

②このユニットがスペルの対象となった場合、場に「丸太」を出し対象をそれにすり替える。

 

ウォーブレにはそもそも素の攻撃力が6以上のユニットがあまりいないんですよね。

 

 

初期は特に少なく、「シヴァ」や「王龍」、「モアシュガー」あたりしか仮想敵がいませんでしたね・・・

それでも確定除去がすくなかったので地味なところでお世話になりました。

 

素で場に出してもスペル妨害を受けず、4/3はそこそこ働いてくれるので頼もしかった・・・地味に。

効果をよく読まずにスペルを打ってくる相手もおり、地味なところでアドを得られたりもしましたね・・・地味に。

 

このカードを用いた最たるコンボは「鬼王ゲンドウ」でしょうか?

「鬼王」を出してオバヒ「ゲンドウ」で破壊して10点、ソルバLV1で「鬼王」を体力1で蘇生し、自壊でさらに7点を叩きだします。

 

今では「リノベーコ」や「フェイロン壱型」がいるためこのカードを作るまでもない感は悲しいところ。

 

マグナに同系統の破壊効果を持つ「キンタロウ」がでてきて特別感がさらに薄まったのも悲しいですね・・・

 

さらにそちらは伏せることでフェイロンプログラム」を破壊できたりできるんですよね・・・

 

今でも単挿しすると思いの外活躍してくれるので楽しいカードです。

対応札がかつかつになりがちなハイランダーに入れてみてはいかがでしょうか?

 

終わりに

今回はややトリッキーに寄った3枚を紹介させていただきした。

カードゲームは扱いが難しいカードを使ってこそと考えてしまいますが、

なんとも難しいところですね。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。