生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)ちょっとお高めのSRをみてみよう ニュートラルB2

アンの最後の一枚がでない苦しい・・・苦しい・・・

ゴロニャーゴは煽りか何か?(難癖)

 

前回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)ちょっとお高めのSRをみてみよう ニュートラルB1 - 生執の思考球体

次回はこちら

 

 

はじめに

今回はニュートラル編最後となりますB2SRについて書いていきたいと思います。

 

『次元修正タマゴマスター』

ナーフ後は大人しくなりました

f:id:seisyuu:20180623194554p:plain

①ログアウト時、自身の墓地に「タマゴマスター」以外存在しない場合、このユニットを+1/+1し場に戻す。

 

墓地に「タマゴマスター」以外存在しない限り蘇生し続けるユニットです。

 

先日のナーフで2/2のスタッツから1/2に変更され、蘇生時3/3から2/3となり圧力がややおさまりました。

 

ナーフこそされましたが、依然として効果自体は強力であり、必須枠から外れましたが完全には廃れてはいないのではないでしょうか。

 

使うとしたら、スペルを多く積んだ「エモシグマ」軸や墓地にたまらない「獣タオシン」ですかね。

 

AOEなどで別種のカードとともに巻き込まれた場合は蘇生できないので注意が必要です。

 

本来ならば以前通り後半へのつなぎとして運用したいのですが、1/2ということで3ターン目の立ち上がりとしては非常に遅いため、介護なしでは厳しくなってきました。

 

さらに、最近ではログアウト封殺の「アン」「エミリー」、「ギャラクシー」とともに出張するようになったため、狩られる危険性が増してきました。

 

テンポや、速めのミッドが台頭している現状、「タマゴ」構築の時点でガン不利という状況もあまり芳しくはないかもしれません。

 

なんども言いますが、効果自体は非常に強力でオンリーワン性能であるため、

ヘイトを集めることに長けており、まだまだ環境次第で使われるかもしれません。

 

使わない場合、今なら等価交換ができるため、他のSRの交換券と考えても良さそうです。

 

『次元の番人ジャンピンガール』

巨女なのか構図なのか、それよりも筋肉だ!

f:id:seisyuu:20180623194548p:plain

①相手のデッキからユニットが場に出るたび、そのユニットと相手ライフに2ダメを与え、この効果でユニットが破壊された場合ログアウト効果は発動しない。

 

B1「プリノウズ」のログアウトメタ軽量版といったところでしょうか。

 

デッキから場にでる効果は地味にあり、

「メイグル」や「キングボーン」、「悟空」、B2「レヴィ」やB1「ナミ」などがあります。

 

あるにはあるのですが、それらは「キングボーン」以外はあまり見る機会がなく

デッキ召喚メタとしてこのカードを挿すことは現状あまりないのではないでしょうか?

 

そうなるとこのカードの存在価値が薄いじゃないか(憤怒)

となってしまいますが、このカードの長所はそのステータスにあります。

 

2/6というステータスは標準を超えており、合計値はB2「ナミ」と同じです。

対マグナでもない限りはかなりの継戦能力と言え、相手のリソース割りやヘイト要因を担ってくれます。

 

無視されたら無視されたで「サリ」や「ファジーブリッツ」などで攻撃力をマシマシにしてぶん殴ることも可能。

上手く立ち回ればちょっとした心理戦に持ち込めるのではないでしょうか?

 

競合は役割こそ違いますが、同じセンチネルで入れ得と化してきた「エミリー」です。

センチネルを出張させる場合、やはり「アン」から「エミリー」を確定サーチしたいため、自然と4コスセンチネルの居場所がなくなってしまいがちです。

 

もちろん、このカードが弱いというわけではないのですが、現状あまり使われないのではないでしょうか?

 

B3環境にて、B1「ミア」のリクルート先が増えたり、ユニオンのデッキ内召喚が増えた場合、メタとして働いてくれそうなので期待しましょう。

 

終わりに

今回は以上となります。

ニュートラルはSRの枚数がパックごとにかなり左右されているため、少ない部分は統合しながら書かせていただきました。

ラピスなどの各国家についてはA2の2枚とA3の4枚以外は等しく5枚ずつなので統合しないで書いていけそうです。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。