生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)ちょっとお高めのSRをみてみよう ニュートラルB1

ビルド戦でウィットフォードΣが二体ピックできたのですが肝心のスペルがまったく無くて置物と化しました・・・

起動とかまずできないしなぁ・・・

 

前回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)ちょっとお高めのSRをみてみよう ニュートラルA2+A3 - 生執の思考球体

次回はこちら

 

 

はじめに

今回はB1のニュートラルSRについて書いていきます。

Bパックからは物語の進行を監視するOWSという機関に属する「センチネル」という種族と物語を修正するテロ組織「ノヴァリスト」が存在しています。

「センチネル」は特定のデッキタイプのメタとして働くカードが多く、

「ノヴァリスト」関連は特定のデッキタイプを補助するカードが多くあります。

 

「センチネル」は種族統一なのですが、

「ノヴァリスト」はストーリー上のまとまりでしかなく種族もなければ相互的なシナジーもありません。(次元修正という名前の統一はあります)

 

『次元の番人ウォールガール』

ログアウトメタとして活躍

f:id:seisyuu:20180623194541p:plain

①ログイン時、指定した敵ユニットがログアウトを持つ場合、それに自身の場のセンチネルの数だけダメージを与える。

② ①の効果によってログアウト持ちを破壊した場合、ログアウトは発動しない。

③起動(3)自身のデッキから2コスのセンチネルをランダムに一枚手札に加える。

 

ログアウトメタのユニットです。

ログアウトには厄介な効果がそこそこ存在し、中でも面倒なのが蘇生持ちで、「ユウユウ」や「タマゴマスター」などがいます。

 

基本的には蘇生持ちに打つことが主体と言え、それらを一コストで封殺できるのは単純にありがたいと言えます。

 

しかし、センチネル構築でなければ自身のみの1ダメージしか期待できず、

最近ではログアウト封殺とユニット制限なしダメかつ顔面飛ばし、さらには「エミリー」と強力なシナジーがある「アン」が登場したため陰に隠れがちと言えるでしょう。

 

こちらはセンチネルの数だけというメリットこそありますが、センチネルを三体以上並べなければきちんと差別化することができないためやはり厳しいでしょうか。

 

もちろん商売敵である「アン」と組ませることでダメージを増加させることはできますが、こちらは完全にログアウトメタということもあり効用範囲が狭いと言わざるを得ません。

 

起動により「ギャラクシー」を呼べますが、3コストで2コスをサーチするのは地味に不経済と言え、相当コストが余っているときでもない限りはまずつかわないのではないでしょうか?(一応ソドムⅡ回避には使えますが)

 

現状「アン」を差し置いて特筆して使いたいという場面はないかもしれません。

 

『次元の番人インフェルノ

センチネルの数だけ強くなる

f:id:seisyuu:20180623194520p:plain

①ログイン時、自身の場に存在するセンチネルの数だけ自身のライフにダメージを与える。

② ①の効果処理により受けたダメージの値をこのカードの攻撃力に加算する。

③起動(3)自身のデッキから4コスのランダムなセンチネルを一枚手札に加える。

 

センチネルの数だけ攻撃力にバフをかけることができます。

 

自身もバフ(自傷)対象に入るため、実質2/3として扱うことができます。

センチネルでの2/3は他に「シェーラ」しかないためそこそこ貴重な枠と言えます。

2コスの「ギャラクシー」は1/3と継戦能力が高めのスタッツといえ、

ギャラクシー→返しターンにインフェルノで3/3となるのは単純に強力なムーブ。

 

自傷もあるため「エミリー」とのシナジーがあり、自バフしつつAOEを浴びせるのもなかなか面白いかもしれません。

起動により「エミリー」をサーチできるのもGOOD。

その分もちろんそこそこの自傷ダメを挟まなければならないため、間違えてピンチにならないようにしましょう。

 

弱点という訳ではないですが、センチネルの専用構築でない場合、

出張構築では3コストに「アン」がいるためあまり使われないのではないでしょうか?

 

「ギャラクシー」からの起動で確定で「アン」を呼び、

「アン」からの起動で確定で「エミリー」を呼ぶということができるため、

インフェルノ」が介入する隙があまりないのではないでしょうか?

 

体力が10以下の場合、「ギャラクシー」起動で「アン」をサーチすれば、

即時で「アン」のダメがとばせ、リーサルや盤面返しができるため、他に3コスセンチネルがいると、確定サーチの妨害になってしまいます。

 

もちろん、「アン」では自傷がないため「エミリー」のAOEが発動しないという差別化はできるので劣化ではないのですが、2以上の自傷はやはり出しづらい部分が出てきます。

 

しかしてオンリーワン性能であるのは間違いないため、環境によっては出張でも十分入れる価値が出てくるのではないでしょうか?

 

『次元の番人トイガール』

軽めウザめのお邪魔カード

f:id:seisyuu:20180623194526p:plain

①チョイス

・相手の手札にあるユニットのコストを次の相手ターン終了時まで(1)増やす

・相手の手札にあるスペルのコストを次の相手ターン終了時まで(1)増やす

②起動(3)自身のデッキから5コスのランダムなセンチネルを一枚手札に加える。

 

相手に若干の妨害をすることができます。

1コス増えるということは5メモリで5コスを出せないという状況や、

複数出す場合1コス分ずつ税を課すことで相手の動きを制限することができます。

 

特に「急襲」や「ジルクライハート」などの8コスのカードを1ターンの間出せなくするのはなかなかの妨害であると言えます。

 

3/3というスタッツもそこまで低いという訳でもないので上手く邪魔することができればなかなかの動きができるのではないでしょうか?

 

ただし、コスト増はログイン時相手の手札にあるカードにのみにかかるので、新たにドローしたカードの妨害はできないので注意が必要です。

 

ライバルは運用方法こそ違いますが、「エミリー」ではないでしょうか?

「トイガール」は相手の動きや手札に依存しますが、

「エミリー」は一枚で強ムーブを押し付ける攻撃と守りを兼ね備えたユニットです。

コンボ性に富み、リーサル逃れからAOEとなんでもござれなので半分入れ得と化していますね。

 

また、3コスセンチネルの起動からサーチすることもあり、「エミリー」主体の場合自然とフェードアウトする部分も悩みどころと言え、

不利が込んだ場合切りづらいもの悩みどころさん。

 

確かに面白い性能なのですが相手依存が強いためわざわざ作るほどではないかもしれません。

 

『次元修正キングママ』

相手のカードを盗んじゃうぞ!

f:id:seisyuu:20180623194532p:plain

・ガーディアン

・クイック

①このユニットが攻撃で相手のユニットを破壊した場合、そのユニットの1/1にしたコピーを自身の場に出す。

②起動(2)味方ユニットを一体破壊し、自身のライフをその破壊したユニットの体力分回復する。

 

8コス2/9ガーディアンクイックという壁であり攻撃的なユニットです。

素のスタッツでは高コスト帯のユニットにこそ当たり負けしてしまいますが、

継戦能力が高く、傷ついたユニットをそのまま奪えるのはなかなか強力ですね。

 

1/1で奪取というのは控えめではありますが、強効果を持つユニットを奪った場合それを利用することができるのは良好。

 

8コスということで重いということもありますが、クイックということもあり「メモリ」やオバヒなどを用いれば即時コンボが可能で、「サリ」や「セルゲイト」で9点パンチを食らわせることも可能。

意外性に富んだユニットといえます。

 

もちろんガーディアンなのでユニットを隠して継戦することで有利な展開もできるのは頼もしいですね。

 

しかしてやはり8コスというのは重く、どのデッキでもつかえるとはいえませんので、絶対作りたいカードとは言えないのではないでしょうか?

 

終わりに

今回は以上となります。

センチネルは最近ギャラクシー→アン+エミリーのコンボで話題になっており、

他のセンチネルがさらに日の目を見なくなった気がします。

シェーラとはなんだったのか・・・

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。