生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)ちょっとお高めのSRをみてみよう ニュートラルA2+A3

もう少しで10連勝ってときに事故で負けるとなんか5敗分くらいのショックがあると思う。

 

前回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)ちょっとお高めのSRをみてみよう ニュートラルA1編 - 生執の思考球体

 

次回はこちら

 

 

はじめに

今回はA2カード5枚のニュートラルSRについて書いていきます。

A2のニュートラルSRは、

各学問を特徴付けるキーワード能力自分の場にいる特定種族の数だけソウルを消費して発動する効果を持っています。

 

A2のカード

『山の女王ブルト・ナジャ』

クイック+リクルート

f:id:seisyuu:20180623192352p:plain

・クイック

①ログイン時、自身の場の獣の数分ソウルを消費し、

 自身のデッキから消費したソウルの数値以下のコストを持つランダムな獣種族を一体場に出し、そのユニットにクイックを付与する。

 

条件さえ整えば場にクイック持ちが二体場に出ることになります。

 

低コストの獣と言えば、ニュートラルに「豚王」がおり、ソウル消費こそ激しいですが軽4点パンチを叩きだすことが可能

 

B2からはタオシンに「ブラッドレーン」や「ダクラリオ」などのリクルートで真価を発揮するユニットが増えたため好相性と言えます。

 

他に獣軸にするのであれば構築上シナジーの強いラピスでしょうか?

獣ラピスというデッキタイプが初期からあるようにコンボパーツが多く、数も一定以上いるため安定しているかもしれません。

 

ただ、このユニット自体には種族がついていないため単体ではリクルートできないので注意が必要ですね。

 

『宵華の旅人シェーラ』

なにかと形を変えてでてくるキャラ

f:id:seisyuu:20180623192413p:plain

・リワード

①ログイン時、自身の場に存在する医者の数だけソウルを消費し、消費した数値分プレイヤーかユニットにダメージを与え、同数値分自身のライフを回復する。

 

ニュートラルでは医者の数が少ないため、必然的に医者の多いマグナかシェドでの構築となります。

 

ただ、医者シナジーは現状あまり強力であるとは言えず、専用デッキを作ってまで運用したいかと言えばそうでもありません。

マグナでは「インモラルパーティ」のコスト減や「ホワイト」による回復くらいしかなく、

シェドでは「アニラ」の「ガネーシャ」召喚条件くらいしかありません。

 

一応「ウェイン」の「特薬」トークン取得の枚数が二枚に変わりますが、

「ウェイン」自体あまり使わないんですよね・・・ 

 

たしかに両国家において顔面へのダメージソースは貴重なのですが、そのために医者を敷き詰めると本来の旨味を出せないという状況に陥りそうです。

 

 

『終炎のダイダロス

同系統効果の中で唯一種族持ちだったりする

f:id:seisyuu:20180623192358p:plain

・ガーディアン

①自身の場に存在する機械の数だけソウルを消費し、消費したソウル1つにつき体力を+2バフする。

 

同系統のカードの中で唯一自身も効果範囲に入っているユニットです。

 

しかし、単純なバフでしかないため、自身の種族をなくして素で2/4だった方がよかったかもしれません。

 

機械種族はニュートラルにも程よくおりペリドット地味に機械であるためほんのりシナジーがあったりします。

しかしてニュートラルだけではやはり足りないため機械の多いラピスかタオシンでの運用になるでしょう。

 

しかし、ラピスでは機械構築であっても、6ターン目に攻めを含まない高コストのユニットを出すのは非常にテンポを損ねてしまい、

タオシンに関してもコントロールが苦手分野なので使う余地はないかもしれません。

 

一応、タオシンには「麒麟」などの場残りの良いユニットや「牛鬼」という罠をばらまく機械もいるのでなかなか面白い動きを見せるかもしれません。

 

その場合罠を厚めに盛るのであれば、罠の数だけ体力バフする「戦地を拓く要塞」なんかも面白いかもしれません。

 

しかして、同コスト同レアリティ帯にビッグブラザーが追加されたため、このカードをあえて作るのであれば相応の理由づけが必要となるでしょう。

 

『魔獣帝バーバ・ヤガ』

キメラの数だけキメラを溜め込む

f:id:seisyuu:20180623192406p:plain

・シャドウ

①ログイン時、自身の場に存在するキメラの数だけソウルを消費し、消費した数だけランダムなキメラをデッキ外から手札に加える。

 

キメラがいるほどキメラを補充してくれるユニットです。

 

キメラはユニオンの専売特許であるため構築するのであるなら当然ユニオンとなります。

キメラは「メイグル」や「デスアリゲーターなど、場残りの良いカードが多いため、

一枚くらいなら手札に加えることは容易であると言えます。

 

また、キメラには扱いやすいカードが多く、「ジュリアンヌ」や「検体294」などが引ければなかなかなものと言えるでしょう。

 

しかし、やはりランダム性が高い点では不安定と言え、以前は貴重であったシャドウも、

「トータルチェンジング」によって大安売りされたので珍しいとは言えなくなりました。

 

激戦区の5コスということもあり、盤面とりとキメラ回収の「ヴァネッサ」が存在するのもこのユニットを空気にします。

 

SRということもあり遊びで作れる範囲とも言い難いので当たったら使う感じでしょうか?

 

『遁世の王ブロイゼ』

あんまり見ない安定したステータス

f:id:seisyuu:20180623192419p:plain

インパク

①ログイン時、自身の場に存在するドラゴンの数だけソウルを消費し、消費したソウル1つにつき攻撃力を+2バフする。

 

ドラゴンは「パルテノア」以外はタオシンであるため、タオシンでの運用が主となります。

 

ドラゴンの数だけバフがかかるのは強力ですが、やはり棒立ちが最大の壁と言えます。

 

一応体力こそ高く、返しターンまで妨害さえなければ削りに入ることはできますがやや落ち着かないですね。

 

コストも7とべらぼうに高く、出したターン他に殆どできないのも悩みどころ。

ドラゴン軸では「ダンダマイト」もあり、シナジーこそあれどやはりコスト的に積むのが厳しいと言えます。

 

場にドラゴンがいなければもちろんバニラですし、後半ほどバニラや棒立ちの置きが厳しくなるためやはり安定しません。

 

作成するほどではないですが、カードが足りない初期、当たったときの場つなぎ用という側面が強いかもしれません。

 

A3のカード

A3のニュートラルSRは一枚のみなのでA2記事と統合させていただきます。

『時空の流刑者ベラ』

B2にて新テーマとして登場

f:id:seisyuu:20180623194513p:plain

①ログイン時、自身が対戦中に一回以上罠、ユニット、スペルを発動していた場合、それぞれで+1/+1する。

②このユニットは攻撃力2以下の場合攻撃できない。

 

条件さえ満たせば最大3/4となるユニットです。

 

3/4というスタッツは4コス相当であるため単純ながら強力であると言えます。

罠の使用とは発動ではなく伏せるだけで満たせることは覚えて置きましょう。

 

B2よりシェドにて同条件の効果が多く追加され、

条件を満たせば2コス3/2のガーディアンとなる「クロノス女型」

3コス2/3のクイックとなる「クロノス空型」

 4コス4/5と破格のスタッツを誇り相手の未使用メモリ分使えるギルガメッシュ

など、まだまだいますがとにかく個性的な面々が存在します。

 

もし組むのであれば先述したテーマ構築のできるシェドの他、罠をある程度伏せることができる国家がおすすめです。

そう考えるとユニオンは罠の層が薄いためあまり馴染まないかもしれませんね。

 

そうです。一番条件を満たすのに厄介なのが罠なのです。

罠を過剰に積む構築はあまり多くなく、罠を引けない場合腐ってしまう場合があります。

もし、構築際、罠の枚数が不安だった場合、

罠をサーチすることができる「スペースコンバッション」を積むと良いでしょう。

 

また、相手からされて嫌な手はデバフであると言えます。(効果無効ももちろんいやです)

攻撃力2以下になると攻撃ロックをかけてしまうのでちょっとしたデバフに弱いと言えます。

中でも採用率の高い「トータルチェンジング」は厄介といえ、たった2コスでノックアウトされてしまいます。

デバフやステータス変更に長けたマグナにも弱いのでその点には注意しましょう。

 

終わりに

今回は以上となります。

ブロイゼはたまにビルド戦でつかうとなかなかの動きができるので結構好きだったりします。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。