生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)事前評価反省会! タオシン編その1

プロモ早く欲しいのに今日は潜れなさそう・・・あ、ゴロニャーゴは3枚揃いました。

 

前回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)事前評価反省会! ラピス編その3 - 生執の思考球体

 

次回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)事前評価反省会! タオシン編その2 - 生執の思考球体

 

 

はじめに

今回はタオシンについて書いていきたいと思います。

タオシンの事前発表では自傷軸のカードが一枚しか無く、またタオシンで専用構築できないのかと落胆した記憶があります。

 

タオシンの事前評価はこちら

www.seisyu-work.com

 

 

『奮起の竜人ヒヨ』

事前評価:0/1!?毎ターンバウンスして固定砲台・・・?

実際:まさかの1/3と化したヒヨUC

f:id:seisyuu:20180617200401p:plain

事前発表と実装とで一番ギャップがあったカードかもしれません。

 

1/3というスタッツは序盤ちょっと攻撃に参加した後バウンスで逃げるというウザめな動きができ、ふわっと盤面干渉ができます。

 

B2ではソウル運用タオシンがくるという予想は的中しましたが、「八光剣」の様な急激にソウルをチャージするカードがくることは予測できませんでした。

環境が変わったら遅めのソウルタオシンもいけそうなんですが、現状アグロが最安定なんですかね?

そのアグロでも息がつまることが多いので苦しい・・・

 

「召喚闇獣ダクラリオ」

事前評価:タオシンには効果無効がないから攻撃力4はあんまり意味なさそう

実際:「チロル」というカードが新たに増えました

f:id:seisyuu:20180617200337p:plain

B1までタオシンには自ユニットの効果無効がなく、

このカードも無効にできないと思っていた時期が私にもありました。

しかし、今回は獣種族限定の効果無効を持つ、「チロル」の追加によって獣タオシン的なデメ消ししながら優位に進めるタオシンが生まれました。

 

やれ「リノベーコ」だ、「獣の饗宴」の強化パーツだと言われましたが、どちらの運用でもあまり見なかったですね・・・

 

「八光剣」で回復はできるので地味に相性がよく、Nスペルで強化したりして、

相手が無効を打つ場合攻撃力にバフがかかるなど地味なところで面白いユニットだと思います。

 

B3でチロル亜種がもう少し増えれば無効獣軸もきちんとした構築になりそうですね。

 

『東方の賢刃マイ』

事前評価:癖のない自傷軸到来!自傷も増えていきそう!

実際:自傷・・・?「エミリー」ね。

f:id:seisyuu:20180617200408p:plain

確かに自傷は増えたには増えたのですが、

センチネルの「エミリー」と敵学問の「ドロス」となんだか自傷タオシン感のないユニットばかりです。

さらに自傷軸運用っぽい「グラント」くんも闇堕ちしちゃっててなんだか悲しい構築になってしまいます。

 

このカード自身の話に戻りますが、起動が地味にやりづらかったり、そもそも盤面戦的に自壊しなくてもよかったりという場面が多かった気がします。(個人の感想レベル)

 

もちろん、「マイ」攻撃+起動によるバフ付与でリーサルまで持ち込めることもありましたがあんまりできなかったなあーと。

 

しかし、今回からは1コスで即自傷ができる「ユリネ」が追加されたので再現性が増すのではないでしょうか?

自傷タオシンが環境をとるかはまた別な話ですが・・・

 

『始動計画フェイロン壱型』

事前評価:ディスターンやったぜ。このユニットで巻き返していけそう!

実際:「ゴクザーン」もいるのに・・・なぜ勝てない・・・

f:id:seisyuu:20180617200331p:plain

3コス7/5という脅威のスタッツで「ワンスアポン」とともにインフレの風を感じさせてくれました。

ディスターン軸以外でも蘇生させて使えるんじゃね的な話も持ち上がりましたが、

やはり盤面全破壊がきつく、あまり見られませんね。

 

問題のディスターンですが、「ゴクザーン」という恵まれたユニットが追加されたにも関わらず、あまりランクマでは見ません。

1ターン与えると好き放題される環境なんだなあーとしみじみ思います♨️

 

B3ではもうビッグブラザーサーチくらいさせてくれてもバチはあたらないのではないでしょうか?

でも特殊勝利軸が環境をとるのも嫌な感じがしますね(わがまま)

 

終わりに

今回は以上となります。

タオシンは初期環境ではソウルアグロを使っていたのですが、全体的な研究が進んだからか苦しくなってきました。

「ユリネ」が環境に一石を投じてくれるのでしょうか?

早く集めなきゃ・・・(使命感)

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。