生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 各国のGCを復習しよう マグナ編 B1回

時間がチーズカッターでゴリゴリ事務的に削られてる感覚が嫌・・・

時間が欲しい・・・

 

前回はこちら

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) 各国のGCを復習しよう マグナ編 A3回 - 生執の思考球体

次回はこちら

 

 

はじめに

今回はマグナのB1GCについて書いていきます。

B1パックでは手札を捨てることで利益を得るディスカード戦略や、

罠としても使えるユニットのワンダーズなどが増えました。

使いやすい効果が多く、専用構築特化しすぎないため今でも色々なデッキで見かけますね。

 

『守銭少女アリス』

金!暴力!ディフェンス!

f:id:seisyuu:20180522183105p:plain

f:id:seisyuu:20180529195123p:plain

・ワンダートラップ(3コストの罠としてセットできる。)

発動条件:相手ターン中、自身のライフが0以下になるダメージを受ける。

効果:①このユニットを場に出し、自身のライフを1にし、ターン終了時まで自身はライフにダメージを受けない。

② ①の処理後、自身のソウルが9の場合、このユニットは場から離れソウル上限を解放する。

③USB:自身のライフ上限を30に変更し、ライフを15回復する。その後このユニットを場に戻す。

 

伏せていれば一度はリーサル回避できます。

 

相手が「アリス」を除去できなければイプシロンなどで回収すれば再利用が可能。

繰り返し守ることができます。

リーサルを回避した後USB条件が整えばそのターンアリスを除去されずに済むのも強力で回収もしやすいですね。

 

このカードによりワンダートラップが仕掛けている限り、相手は迂闊に仕掛けづらくなります。

オバヒ白獅子などのリスキーな行動を取りづらくなり

アリスを除去する余力を残さないといけないため、相手の動きを大きく制限できます。

仮にブラフ(アリス以外のワントラを伏せる)だとしても相手は動きづらくなるので心理戦に持ち込めるのもおもしろいですね。

生き残った相手のユニットを「アラディア」で奪取するのも面白いかもしれません。

 

また、3コス3/3と優秀なスタッツを持ち、単純に出すだけでも強力です。

「ラッキー」スタッツに対して有利交換ができ「ラブレター」によるステ補正したユニットもなんなくとれてしまいます。

生き残ればやはり「イプシロン」回収もできるうえ、攻撃力が3ゆえにジャッジメントゼロ」に引っかからないのも優秀と言えます。

 

癖がなく、どのような使い方をしても一定の活躍をしてくれるのではないでしょうか。

 

B1アリスまとめ

以上のことからGC作成優先度はトップクラスと言えます。

トップクラスには「ディアマンテ」や「オズワルド」などもいるので、自分の好みのものから作りましょう。

 

『覚醒妖姫モニー』

B1の眠らせてくるやつ

f:id:seisyuu:20180522183115p:plain

①対戦中、自身が捨てたカード一枚につき、このカードのコストは(1)減る。

②このカードが手札から捨てられた場合、手札に戻す。

このユニットが場に存在する限り、メモリーはターン開始時1しか回復できない。

④自身のターン開始時、自身の手札をランダムに一枚捨てる。捨てられない場合、このユニットを破壊する。

 

場に出ている限り、メモリの補填を遅らせることができるユニットです。

 

一度場に出してしまえば、相手に対応札がない限り動きを大きく制限することができ、

じわじわと攻めることが可能。

専用構築に寄せる必要はありますが、出すだけなら二枚捨てるだけで条件は満たせるためそこまで重くはありません。

もちろん低コストで出すことができればかなり好き放題できますね。

 

手札を捨てた時手札に戻る効果は、相手に「モニー」がハンドにあることを知らせることになりますが、

それが心理的圧力となって相手の行動を制限することができます。

意図してメモリを残したらラッキーで、大型ユニットを出してきたらコンボで絡めとりましょう。

 

弱点は出せる状況を作るのがやや難しいのと、メモリロックが自分にも及ぶことでしょうか。

 

出せる状況というのは相手の残メモリーが少ない状態で、「モニー」が盤面で処理されない盤面状況のことです。

ロックを維持したいのであるなら、きちんと介護してあげましょう。

ディスカードを多く採用すれば低コストで出せるのでガーディアンなどで守るのも良いかもしれません。

(ただ、出した後すぐにやられても1ターン相手のメモリ封じて、返しターンこちらがメモリをフルに使うという利益はあります

 

メモリロックが自分にも及ぶため、こちらの動きも大きく制限されることになりますので注意。

もしもの場合はオバヒなどで強引にだすことも考えましょう。

 

モニーまとめ

GC作成優先度はやや低めと言えます。

「モニー」を出してロックすることはできますが、

それが直接勝ちを呼ぶことは少なく、性質上レイトゲームになりがちです。

出す状況も限られているため、中級者以降向けと言えるのではないでしょうか?

 

個性的で面白い効果なので個人的には好きです。

 

終わりに

今回は以上となります。

モニーは公式発表時にかなり話題になったのをおぼえています。

MTGプレイヤーの友人は「冬の宝珠」に似てるからやばいと言ってました。

 

次回のB2GC紹介を持ってマグナ編は終わりとなります。

 

今回もお読みいただき誠にありがとうございます。