生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード ニュートラル編その2

はじめに

面白そうなカードシリーズは一旦終了と書きましたが、もう少し書けそうな部分があったのでちょっとだけ続けさせていただきます。

  

B2の面白そうなカードシリーズはこちら

 

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード ニュートラル編 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード ラピス編 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード タオシン編 - 生執の思考球体 

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード タオシン編その2 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード シェド編その1 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード シェド編その2 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード マグナ編 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード ユニオン編生物学サイド - 生執の思考球体

 

 

『次元修正シャーラック』

 インクは血よりも高い(至言)

f:id:seisyuu:20180506150222p:plain

 ログイン時1コスの自ユニット一体につき+1/+1バフする

 

1コスを敷き詰めれば敷き詰めるほど強化されるユニットです。

一体でもいれば標準の2/2で、それ以降はコスト以上の働きをしてくれます。

主に使われるのは「1コスを多用するアグロシェド」トークンを多く生み出すマグナ」などでしょうか。

アグロシェドでなくとも、「アマリス」「華の住人」を増やした後に出しても良いかもしれません。

マグナには「キジモナカズバ 」「マキ」などの1コストークンを生み出すカードがあるため簡単に3/3くらいにはなってくれます。

ユニオンも「メイグル」を多用するのであれば使えるかもしれませんね。

 

構築こそ専用にする必要がありますが、序盤からの圧力としてはかなりの強さを誇るといえます。

 

『次元修正ジャックス』

墜ちた感じがセクシー

f:id:seisyuu:20180506150218p:plain

ログイン時、自ユニットの持つ種族の種類の数だけ+1/+1する

 

場にいる種族持ちが雑多なほど自身にバフが入るユニットです。

 

1つバフが入ればとりあえず3コス標準スタッツなので種族の多い構築では簡単にコスト詐欺ができますね。

構築の際種族が自然と複数種入るデッキと相性が良いのではないでしょうか。

「機械」「獣」「ソルジャーズ」「メタモール」無理なく入るラピスが一番の候補ですかね?

戦士を持つ「シルヴィア」や軽量の「センチネル」を入れるのも良いかもしれません。

 

ただ、3コスと類似効果を持つ「シャーラック」よりも重めのため、種族持ちを展開してから出すムーブを1ターンに詰めるのはやや厳しいのではないでしょうか?

新種族が増えるほど強化されるカードなのでこれからが楽しみな一枚です。

<p

『次元の番人シェーラ』

空気気味だったシェーラが更なる空気になって再登場

f:id:seisyuu:20180506150214p:plain

 ログイン時、このユニット以外のセンチネルが存在する場合、相手の墓地のカード全て追放する。

 

墓地を参照するカードの妨害に使えます。

各国家を見てみると、

ニュートラルではムスカのスペルサルベージリノベーコ」「エスシミュレーション」の蘇生阻害になり

マグナではカニゾウ」のスペルサルベージ阻害

ユニオンでは「ドランシャドウ」のUSB阻害B2「トリガー」「ミュウ」セカンドチェンジ阻害「マリー」「テンマチームの活躍」の墓地再利用阻害

タオシンではソルバフェイロン計画」「オウショウ」などの蘇生阻害に使えます。

こうして見てみるとあまり利用されていないカードの阻害と言えるかもしれません。

 

国家の核であるタオシンのソルバ阻害は大きいものともいえますが、

継戦している内に墓地が溜まっていくので、せいぜい阻害できて次のターンくらいかもしれません。

また、追放効果を逆手に取られソルバレベル3の最少レベルの蘇生が3コス以降の高コストになる可能性も孕んでいます。

 

とはいえ。墓地阻害効果は非常に貴重な効果といえ、場合によっては相手のプランを大きく外すこともできるため今後メタとして機能していく可能性が十分にあります。

標準スタッツを備えているのもポイントですね。

 

『次元の番人ジャンピンガール』

妙に筋肉質な感じすこ

f:id:seisyuu:20180506150217p:plain

①相手のデッキからユニットが出た場合、相手のライフとそのユニットに2ダメージを与える。

② ①の効果によりユニットを破壊した場合、そのユニットは「ログアウト」を発動しない。

 

デッキからユニットを場に出すカードは

ニュートラルの「ブルトナジャ」「リノベーコ」

ラピスのB1「ミアハリスン」「ナミ」

タオシンの「悟空」

シェドの「ベイル」「グレイペガサス」「フェニックス」「ウルボロス」

ユニオンの「メイグル」「キングボーン」「セカンドヒューマンズ」「シュウサイトウ」「ニコス」「テンマ」

くらいでしょうか。

きちんと刺さるのは現状、デッキ破壊からのリクルートを主体とするユニオンか「ミアハリスン」によるリクルートを目的としたソルジャーズ構築のラピスあたりでしょうか。

メタとしては現状あまり刺さらないかなあ?

効果以外での注目点はやはりそのスタッツで、4コス2/6は標準値を上回り、オンリーワンの振り分けとなっています。

非常にとり難い数値といえ、「サリ」や「ファジーブリッツ」による奇襲が可能です。

殊に後者は計5コスで6/6というスタッツとなるので非常に強力といえ、一気にゲーム展開をものにできるほどのスペックとなります。

効果があまり刺さらないのであるならスタッツで枠をもぎ取っていくスタイルは4コス版の「エグゼバグ」様と言えるのかもしれません。

 

『次元戦隊ロゴシャリオン』

唐突なロボット要素(非機械)

f:id:seisyuu:20180506150216p:plain

・ガーディアン

①ログイン時、自身の場に存在するセンチネルの数だけライフを回復する。

② ①での回復後、その数値分だけこのユニットの体力に+1バフする 

 

センチネルの数だけ回復し、その数値分体力のバフがあるユニットです。

効果に自身も含まれているので実質4/2。

センチネルを多く並べることでバフが見込めますが、現実的にはできて2体くらいが関の山かもしれません。

それでも4/4のガーディアンとしては使えるため、地味な壁役として活躍してくれるでしょう。

とはいっても重要な5コス帯、センチネル軸といえどもGCや有用なカードを積みたいため、たらればのカードを入れる余裕はないかもしれません

もし運用するのであればセンチネルで唯一のガーディアンであることや「エミリー」や「トイガール」からサーチできるなどできちんと差別化していきましょう。

 

終わりに

今回は以上となります。

見ていくと面白いカードがまだまだあるため、少しずつまた書いていきたいと思います。(サブ連載になるかと思いますが)

 

今回もお読みいだき、誠にありがとうございます。