生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード シェド編その2

月も変わってもう五月。

もうそろそろ半年を迎えようとしていますがいかがお過ごしでしょうか? 

 

 

B2の面白そうなカードシリーズはこちら

 

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード ニュートラル編 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード ラピス編 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード タオシン編 - 生執の思考球体 

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード タオシン編その2 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード シェド編その1 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード マグナ編 - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード ユニオン編生物学サイド - 生執の思考球体

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)B2の面白そうなカード ユニオン編化学サイド - 生執の思考球体

 

 

 

はじめに

 今回もB2シェドの面白そうなカードについて触れていきたいと思います。

その2では主に医学サイド(敵側)について書いていく予定です。

スペル、罠、ユニットを一種類ずつ使うことでアドバンテージを得る効果が多くあります。

 

Q___スペル、罠、ユニットを一種類ずつ使うとあるけど「罠を使う」っていうのは?

 

A__罠を伏せるだけでも使った扱いとなります。発動する必要はありません。

 

 

A3ベラがまさかの活躍

f:id:seisyuu:20180501145850p:plain

 

『亡国奇械クロノス鳥型』

機械ではなく奇械

f:id:seisyuu:20180430152908p:plain

 自身のターン開始時、相手に未使用メモリが存在する場合ランダムな自ユニットの体力を+1バフする。

 

「ソドムII」のような相手の未使用メモリ反応型の効果です。

2/1と控えめなスタッツではありますが、ランダムな体力バフによって味方を地味に強化することができます。

一体のみ場合に発動してもこのカードが2/2になるだけなので、横並びで真価を発揮するのではないでしょうか。

『1コス』構築に紛れさせて1コスを取られづらくしたり後半に複数体並べてバフを重ねることで盤面の練度を高めるなども面白そうです。

 

ただし、2コス2/1なので「カニテツ」や「アルトオルト」に巻き込まれるなど、非常に脆く、1コスのユニットにすら取られてしまいます。

また、やはり相手のメモリ運用次第という点付与が自身を含めたランダムであるという点もあり、安定した運用は難しいものといえるでしょう。

 

しかして、シェドにはバフをするカードやガーディアンが多くあり、このユニットを守る手段はたくさんあるはずです。

「トータルチェンジング」で隠したりもできますね。

もちろん、単純な2コスであるなら優秀なカードも多くありますがオンリーワンの面白いギミックではあるので入れてみると今までと違った動きをしてくれるかもしれませんね。

 

『亡国奇械クロノス空型』

こういう幾何学的な畏怖すこ

f:id:seisyuu:20180430152909p:plain

ログイン時、このユニット以外でユニット、スペル、罠を一枚は使っていた場合、

体力を+1バフし、クイックを付与する。

 

条件付きながら2/3のクイック持ちとして扱うことができます。

3ターン目(後攻2ターン目)にクイックとして扱うのは手札的に厳しいかもしれませんが、上手く回ったら即盤面介入できるので強力なムーブといえます。

仮にできなくても出すこと自体はできるので完全に腐ることは無いと言えるでしょう。

罠がややネックに感じますが、「スペースコンバッション」でサーチすることもできるため、中盤以降は安定してクイック持ちにできるはずです。

「ミネルヴァ」とともに起用してリーサルを狙ったり、同条件のギルガメッシュ、A3「ベラ」と併用して盤面を強化したりと色々なムーブができそう。

 

ただし、使う場合はどうしても専用構築に寄せなくてはならないため、どんなデッキでも使えるとは言えません。

また、条件を満たせなくても出せるとは言え2/2はやはり3コスでは貧弱といえ、事故ってしまうとそのまま押し込まれる危険性もあるので注意が必要ですね。

 

『スカイ・インセクト

イナゴとかウンカの大群ほんとこわい

f:id:seisyuu:20180430152904p:plain

対戦中自身がユニット、スペル、罠を各一枚以上使っていない場合使うことはできない。

②相手か指定敵ユニットに1ダメージを与え、 その後、自身のデッキから最小コストのユニット、スペル、罠を一枚ずつ手札に加える。

 

使用条件が厳しいですが、最大3枚をサーチすることができます。

デッキ圧縮としては有用といえ、「豚王」「炎神の息」などの有用カードを引っ張ってきて戦線を維持する布石を整えるのは優秀と言えるのではないでしょうか。

また、最小コストなので1コスを入れなければ2コス以降もサーチでき、

面白いところでは「ギルモア」のサーチもできたりします。

 

ただし、いくらサーチとはいえ、条件付きかつ3コスで、1ダメージしか与えられないので使いどころがかなり限定されそうです。

サーチしたけどテンポが死んだとなっては元も子もないので使いどころは見極める必要があります。

 

『修羅王ギルガメッシュ

B3GC枠になりそう

f:id:seisyuu:20180430152901p:plain

対戦中自身がユニット、スペル、罠を各一枚以上使っていない場合使うことはできない。

②ログイン時、ターン終了時まで相手の未使用メモリの数だけメモリーを増やす。

 

条件こそありますが、5コス標準相当のスタッツで一時的なランプができるユニットです。

5コス標準相当と書きましたが、4/5を持った5コスはそうそう存在せず、現状「メア」と「ニュクス」しか存在しません。

中盤に降臨できれば相手を相当苦戦させることができ、複数体並べることができればそのまま圧殺することも可能。

夫婦でありスタッツ詐欺の3コスであるA3「ベラ」と併用することで戦場を制圧するのも良いでしょう。

一時的なランプも強力といえ、コスト減ができる「ソドムII」と併せて使うのも無慈悲なまでに強力です。

 

ネックはやはり条件の達成にあり、事故ってしまうこともあることでしょうか。

場合によっては条件カードばかりになりなにもできずに負けという危険性もあるので、マリガンと構築には気をつけた方が良いでしょう。

 

 

終わりに

今回は以上となります。

なにやっても「ソドムII」でよくねという声もありそうですが、強いだけがカードゲームでもないと考えます。(だから僕は弱いんですが)

次回はマグナのB2カードについて書いていく予定です。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。