生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)初心者の味方低レアリティカード ユニオン編コモンカードの巻

ウイルスユニオンを作ろうとしたBパックリリース時にほとんど溶かしてて絶望。

 

 

はじめに

今回はユニオンのコモンカードについて紹介したいと思います。

コモンでも相変わらず有用な除去札が多いのがさすがユニオン。確定除去もあるため助かります。

 

『指向性カメレオン』

条件次第で2コス標準相当に

f:id:seisyuu:20180423230127p:plain

ログイン時、左にユニットがいたら自身の攻撃力を+1、右にユニットがいた場合、体力を+1します。

両隣にユニットがいる場合2/2となるので、2コス標準相当になります。

序盤のうちは攻撃力にバフをかけて2/1にしたほうが立ち回り易いでしょう。龍の子の上位種とも言えますね。(国は違いますが)

なかなか取りづらいシャドウ持ちや、割られてもキメラがでてくる「メイグル」などと相性がよく、結構簡単に2/2になってくれます。

 

ただし、バフ以外は完全にバニラなので「1コスにしては優秀なユニットという枠をでない」ため、いらないときはいらないユニットと言えます。

とは言っても速攻型のデッキでは普通に強いので大丈夫です。

 

『暗躍使徒キングボーン』

継戦能力の高いユニット

f:id:seisyuu:20180423230054p:plain

ログアウト時、自身のデッキにある同名カードを破壊し、その後「キングボーン」を出します。

処理は少し異なりますが、自己リクルート効果です。

「リサイクル」でデッキ圧縮したり、「ディライト」で破壊したり、「シルヴィア」「テトラ」のバフで攻めたりと、色々なムーブができます。

 

また、「マリー」を用いることで更にリクルート回数を増やすことができ、場合によっては序盤に出した「キングボーン」が中盤まで生き残るなんてことも。

 

ただし、2枚目以降の「キングボーン」が手札にきてしまった場合、その分だけ蘇生回数が減るため注意が必要です。

 

『フェアリー・ガス』

2コス2ダメの有用カード

f:id:seisyuu:20180423230032p:plain

ユニットに2ダメージを与え、破壊した場合、そのユニットのログアウトを不発にさせる。

単純に扱いやすい除去札です。

強力なログアウト持ちを安全に除去できるため、相手の計算を狂わせることができ、

特に再生能力を持つ「ユウユウ」や「デスアリゲーター」に使えればなかなかの打撃となるでしょう。

運用はやや違いますが、3コスの「テスタパンク」と相互互換といえます。

こちらは2コスという独自性があるので、仮想敵によって分けて採用しましょう。

 

『妄賢者オポロン』

スペルのコスト減ができるヘイトカード

f:id:seisyuu:20180423230023p:plain

ログアウト時、ターン終了時まで次に使用するスペルのコストを1減らします。

 

効果上、自分のターンに破壊されることが必要になりますが、

このカードの肝はスペルコス減よりも「相手に除去を切らせるというヘイトとしての役割」です。

破壊されて落胆するのではなく、破壊されてもラッキーと考えましょう。

もちろん、コスト減効果は強力といえますので、返しターン破壊できたら更にラッキーです。

2/2という標準スタッツということもあり、優秀な一枚といえるのではないでしょうか。

 

『検体銃士ペンギート』

キメラ!標準スタッツ!攻撃バフ!

f:id:seisyuu:20180423230020p:plain

自身がウイルスカードを切るたび、ターン終了時まで攻撃力が+1されます。

 

単純な2/2としてすでに優秀ですが、返しターンウイルスがあればさらに強力で、一枚でラッキーと相打ちを取れるので、『ウイルスユニオン』ではかなりの活躍をみせてくれます。場合によってはリーサルに持ち込めることも。

 

また、「キメラ」というのも見逃せず、彼は2コスで使える唯一のキメラです。

そのため、「メイグル」を多用するタイプのユニオンでも採用され、本当に様々なデッキで彼を使うことになるでしょう。

 

『モルモンズ・オーダー』

メイグル圧縮カード

f:id:seisyuu:20180423230017p:plain

「メイグル」を二体出します。

単純な効果ですが、「シルヴィア」のバフや「エレファンク」や「ギャルファー」の土台作りなどを一枚でこなしてくれます。

ナーフの影響で採用率自体は落ちましたが、低コスト帯のキメラを採用するタイプならまだまだ採用圏内と言えます。

 

ただし、基本的にはコンボ運用が必須で、これ一枚ではあまり役に立ちません。

もし採用するのであれば、きちんと役割を与えてあげましょう。

 

『ファンキー・ボム』

一枚で確定除去という恐ろしさ

f:id:seisyuu:20180423230031p:plain

指定ユニットを一枚破壊し、その後化学のウイルスカードを一枚加えます。

非常に珍しい確定除去スペルです。

これ一枚で「バルビー」だろうが「モアシュガー」だろうが処理できます。

ウイルスを処理することを考えると実質5コスといえますが、

使用ターンとウイルスを捨てるターンを分散させるなどで負担を軽減できます。

 

弱点は、相手が低コストを多く並べる構築の場合腐ること(撃っても利益にはならない)

あと、4コスは確定除去としては破格ですが、こちらのテンポも割いていることを忘れてはいけません。

相手の除去をしすぎて守勢に周り、そのまま圧殺される場合もあるので気をつけましょう。

また、SPプロモですが「ジュリアンヌ」という競合カードが存在するためきちんと差別化していきましょう。

ただ、SPプロモは高価であるため、このカードがコモンであることも十分に差別化できる要因ではあります。

 

終わりに

 

今回は以上となります。

もう少しコモンに有用カードがあるので、後ほど追記したいと思います。

また、次回はユニオンのレアを予定しております。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。