生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ)0から閃いたデッキで脳帝にいけるかなチャレンジ第四回「コンセプトの源が狂ってた」

BPリセットまであと10日しか無いよ・・・やべえよやべえよ・・・(錯乱)

 

 

 

 

進捗報告

残念でもないし当然といえる泥沼

f:id:seisyuu:20180420110518p:plain

15戦潜って200しか盛れてないというクソザコっぷり・・・

リアルが忙しいという言い訳すら通用しませんね。(そもそもみんな忙しい中やってんだよなあ・・・)

 

USモニーが当たってちょっとエンブレムを変えました。

f:id:seisyuu:20180420110603p:plain

 

戦績

朝はとにかく当たらない

f:id:seisyuu:20180420105837j:plain

15戦中6勝8敗1接続不良で勝率は約43%でした。

もう少し潜りたかったのですが用事もあり一旦終了。果たして間に合うのでしょうか。

 

対ラピスは「バルビー」がかなり突破が厳しく、「ラブレター」などで応戦しても次がくるのでなかなか厳しいですね。(構築が悪いだけかもしれませんが)

 

対マグナは「マキ」「キジモナカズバ 」「イプシロン」など、いつもの面々がやはり手強く、こちらの手札が疲弊したところで「玲瓏」を出されるともうどうしょうもありませんでした。

対ユニオンはケツデカの弱点であるソルバ流しが予想通りきつく、勝った試合はソルバ発動前に押し込み勝つという感じに。

 

 

反省会

構築直後(第三回時に貼ったやつ)

f:id:seisyuu:20180415223111p:plain

まず、リワードがほとんど成立しませんでした。

それもそのはずリワード持ちが7枚しか入ってなかったのです。(構築の時点で気づける盲点ですらない盲点)

その7枚のために、やれ「サンタ」だ「リアリズム」だと介護をマシマシにして一体何がしたかったのでしょうか?

当方、ややボケ気味でしてそれを10戦目にしてようやく気づいた次第であります。

出したターンさして働かないカードが多く、置く暇が無いとそのまま押し込まれてしまいます。

 

 

クソ構築を尖らせるという逆の発送(やけくそともいう)

f:id:seisyuu:20180420110521p:plain

「マキ」や「ジャッジメントゼロ」などを入れたりと紆余曲折ありましたが、今の形に治りました。(仮ですが)

戦績は3勝2敗と、とりあえずは勝ち越し。

 

デッキコンセプト的に「イプシロン」はいらないと感じOUT。(弱いのではなくコンセプト的にです)

「サンタ」はリワード持ち介護の観点でのみの採用なのでこれもOUT。

「スウィートメス」は打つ機会はあれど「サリ」と「インボイス」がないと厳しいからOUTなどと減量していき、「ディアマンテ」や「アンジェリカ」などを採用していきました。

「アンジェリカ」は横並びしたときにベラボウに強く、不意打ちのリーサルができたり相手のムーブも阻害してくれるため中々重宝しました。

 

 

やはりリワードがボコボコとれる訳ではないので「パンドラ」があまり役にたたない部分もありましたが、

うまく回ると堅牢な盤面を保持した状態で「アンジェリカ」にパスができるためミッドレンジのような動きが可能に。

コンセプトを無視して調整すればさらに面白いデッキになりそうな予感がします。(予感だけです)

これからは一度決めたコンセプトに固執せず、もう少し自由な発想を持って構築していきたいですね。

 

異形懐胎

デカイは強いだったらいいな

f:id:seisyuu:20180420110523p:plain

横展開を繰り返しソウルを肥やし、「心喰い」や「ギャルファー」で圧殺するデッキです。

急場で作ったため、除去札が足りませんが、戦う中で適宜入れていきたいと思います。

 

「ギャルファー」はバフが凄まじく、コストもやや軽いためうまくいけば大暴れする 金の卵のような存在です。

「メイグル」のキメラからキメラや「キングボーン」のしつこさを利用してバフをボコボコ増やしていきます。

「シャーベア」の起動も味があり、先月のナーフは全てギャルファー時代の伏線であったといえますね。

環境にいないのはマグナのせいではなく、みんな遠慮してるだけかもしれません

 

終わりに

 

今回は以上となります。

自由な発想を標榜しているのに打ち出したコンセプトに縛られるのは矛盾していましたね。

あと10日となりましたが、諦めることは決してありませんので、おつきあいの程をよろしくお願いします。(自分の中では既遂の事実ととらえております)

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。