生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

今日読んだ本 地図化すると世の中が見えてくる 著 伊藤智章

今回は『 地図化すると世の中が見えてくる』という本を読みました。

著者の伊藤智章氏はデジタル地図使った教材やノウハウを発表されている方で、『いとちり』というブログ運営をされている方です。

興味がありましたら下記リンクからどうぞ。

itochiriback.seesaa.net 全ページカラー刷りです。

地図化すると世の中が見えてくる [ 伊藤 智章 ]

価格:1,620円
(2018/3/24 20:46時点)
感想(0件)

 

内容

この本では様々な物事の地図化 を試みており、グーグルアース国土地理院などの、我々の手の届きやすい範囲の教材から作られています。

作者はやや茶目っ気のある人で冒頭部で『踊ってみた』『歌ってみた』のように本書では地理・地図の世界における『やってみた』であると書いています。

文はやや教科書よりですが人間味のあるもので、勉強勉強しすぎてないが中身はきちんとあるという塩梅でした。

以下、面白かった部分を少し抜粋していきます。

 

Google Earthで工場見学

全国製鉄所見学MAP|行って学ぶ|みんなの鉄学

 全国製鉄所見学MAPから住所を入手してグーグルアースで検索すると高炉や電炉などの様子をみることができます。

昔の製鉄所は石炭や鉄鉱石の輸送費の問題から炭田や鉄鉱石の産地に近いところに立地していました。それを『原料立地型』といいます。

時代が進み原料も輸入に頼った方が安いということで港近辺に製鉄所を建てることにしました。それを『交通立地型』といいます。

画像は鹿島製鉄所で航路に隣接していることから『交通立地型』に分類されていることがわかります。

f:id:seisyuu:20180324212222j:plain

 

 

人口カウンター

下記リンクからアメリカ合州国統計局の人口カウンターに跳べます。

https://www.census.gov/popclock/world

世界の人口は1999年で60億人、2012年で70億人に突破し2018年では約76億人となっています。

僕が小学校のときに、世界人口は63億人であると習わされていて、それで知識が止まっていたので驚きました。70億人を越えると世界的飢餓〜なんて数値をすでに振り切ってるということになりますね。

2013年でのデータでは1日当たりの増加数第一位はインドで4万人以上、二位は中国で約16,000人ついでナイジェリア、パキスタンと続きます。

合計特殊出生率(一人の女性が生涯で何人の子を産めるか)では日本が1.46という数値で人口維持に必要な数値は2.08以上必要らしく(下記リンク参照)、少子化問題を数字で感じさせられます。

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/jisedai/manual/dl/01.pdf

 

終わりに

地理に関しての本は読み物としても面白く為にあるものが多い為、暇つぶしがてらにもおすすめです。

 下記リンクの本も分かりやすいのでもしよろしければお試しください。

 

今回もお読みいただき、誠にありがとうございます。

 

 

経済は地理から学べ! [ 宮路 秀作 ]

価格:1,620円
(2018/3/24 22:15時点)
感想(3件)

 

 

経済と“世界の動き”が見えてくる!東大のクールな地理 [ 伊藤彰芳 ]

価格:1,436円
(2018/3/24 22:15時点)
感想(0件)