生執の思考球体

漫画、ゲーム、日々脳内に巡る言葉などをブチまけるブログです。http://twitter.com/imomushiotoko

WAR OF BRAINS (ウォーブレ) B1で評価が変わったA3までのカード シェド編

公式サイトのカード一覧で構築済みデッキの新規カードが追加されていました。

実装はもうすぐなのではないでしょうか?

 

はじめに

B1で評価が変わったカード、今回はシェドの紹介となります。

ところで天空神は有能なカードが多いですが4種セットと考えるとデッキの自由度が減ってしまうのがネックですね。

 

『雷神インドラ』

「堕天妃の急襲」の追加で評価が下落

f:id:seisyuu:20180301184707p:plain

そもそもA3までの評価自体芳しくはありませんでした

しかしどうしようもなくなった場合確実に盤面リセットをしてくれるためデメリットやむ無しと入れていた方もいたのではないでしょうか?

新たに追加された「堕天妃の急襲」テキスト上のデメリットが存在せず、さらには盤面ロックという形で妨害を維持するため非常に強力です。

デメリットといえばセイレーンによるスペル封じ化学ウイルスオルディアによる9コス化、効果無効によるロック解除でしょうか。

以上のことからインドラの採用率は下がったと言えるでしょう。

 

『静寂の神ヴィシュヌ』

天敵であるウイルスユニオンの減少により評価やや増

f:id:seisyuu:20180301184711p:plain

最近ではキアナアニーの増加でウイルスユニオンが減少したためヴィシュヌを地味に見るようになりました。

しかし、ウイルスユニオンでなくともマッドテンションやジュリアンヌなどを使うので油断はできません。

同じ4コス高スタッツのオルディアと違い盤面にも干渉できるためきちんと差別化はできています。

 

『恥ずかしがり屋のアイシャ』

運用に手間がかかる為か、見ることが少なくなった一枚

f:id:seisyuu:20180301184713p:plain

2コス4/4という唯一無二のスタッツですが、使うためにはセイレーンや裁定などで効果無効が必要です。

A3環境下まではよく使われていましたが、最近ではあまり見なくなりました。

無効にするという一手間でテンポロスするからでしょうか。

考えられるとしたら、環境トップのユニオン、マグナが横並びすることでアイシャ一体では首が回らなくなった、効果無効は相手に対して使いたいという場合が増えた、などでしょうか。

 

 

終わりに

今回は以上となります。

最近シェドを使っていて2ターン目豪神がやや打ちづらくなったなと感じます。

もちろん、プレイングの問題かもしれませんが。

次回はタオシン編を予定しております。

 

今回もお読みいただき誠にありがとうございます。